中国茶体験。

かいものblogのはずがくいものblog化している気がしないでもない。

image

チャイナタウンへ。
人は何故観光地にいくと、いらんもん買うのか。

image

この台所雑貨屋さん「うちは中国でも日本でもなく「チャイナタウン」だから!」って商品を説明してて面白かった。

image

日本のものも多くてとてもよいお店だったので、後日ゆっくり見に来よっと。

image

お茶やさんへ。

Red Blossom Tea Company
831 Grant Ave
Chinatown
San Francisco, CA 94108
(415) 395-0868

image

(FBより)
ヒラリーさんも立ち寄った中国茶やさんです。

お友達が上海に住んでいた時によく貰ってたお茶がとても美味しかったので、いろいろ試してみることに。

image

1人$40で、中国茶試飲体験が出来ます(要予約)
左側の白いお茶碗が蓋碗(がいわん)という、中国茶を入れる茶器。入れ方の解説はこちらをどうぞ

試してみたいお茶を聞かれますが、知識が無いので店員さんにおまかせしました。

image

1杯目 中国の緑茶。※値段に注目
茶葉の産地についてや、葉の特徴、味についてや、80度より少し温めで入れて、という入れ方の丁寧な説明をしながらお茶を入れてくれます。
私は緑茶は日本のより中国のものの方が好きです。とてもおいしい!

2杯目 烏龍茶

image

こちらは90度くらいで。旦那が
「日本でペットボトルに詰められて売っている烏龍茶、あれはニセモノだ」
と憤慨するくらいおいしかったwww

image

image

3杯目 プーアル茶
「私は美味しいプーアル茶をまだ1度も飲んだことがない」と言ったら選んでくれた。
プーアル茶って、発酵させるのね。長く発酵させたものの方が高級だそうで、こちら10年越えのもの。
ワインのような表現を使って味を表現してた。土とか芝とか。ふ…深い…。
“Oxidation” “fermentation” という単語が要所要所に出てきます。
「飲みこんだあと鼻に抜ける香り」の表現が いろいろある らしく、そもそも「香ばしい」をなんて言うかよくわからずすごく悩んでしまったけど、店員さんが上手く言い当ててくれた。(crispyでいいっぽい)

最後にお願いして、ジャスミン茶を

image

「茶葉(新芽)を春先に収穫して、丸めてジャスミンが開花する夏まで保存、ジャスミンの花が取れたら茶葉の上に敷き詰め、1日1回新しい花と交換して10日間かけて香りを茶葉に染み込ませてつくる」
んだそうで、すっごくおいしい!新芽なので、熱湯で入れても渋みが出ない。おいしい!今まで飲んだジャスミン茶なんだったんだよ!

image

ボキャ貧で「おいしい」以外の単語で美味しさを表現することが出来ないのが残念。

image

image

私はジャスミン茶を、旦那は烏龍茶を選んで、その他せっかくなので蓋碗などの茶器も購入して帰宅。(違う日にまた行って、飲んだのとは違う、緑茶も買った)

image

蓋碗はカワイイの探したい~!

どれもとても美味しく、40ドルでこんな体験が出来るのはとてもお得!観光にはとてもとてももオススメ!!

 

中国茶体験。」への2件のフィードバック

  1. Red Blossomは私もとても好きなお店です。買いすぎて自家消費無理と気づき、友人にもらってもらったことが何度かあります。Wok Shopも度々お世話になってます。Van Nessから東の地域で東アジアの細々した台所用品を売る所は少ないのでありがたい!

    いいね

    1. @kirinobake さん
      コメントありがとうございます!wok shopいいですよね。かなり何でも揃うし。
      そうそう!ポイントイザベルいってきました!楽しかったです!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中