SNSの先にあるアナログの良さ

今シーズン(2019-2020ホリデーシーズン)は一年ぶりにクリスマスカードと年賀状の中間のようなものを出した。前シーズンは感謝祭にイヌが死んで全然全くそんなものを作る気力がなかったので一年ぶりになる。

年賀状文化が廃れつつある日本からは考えられないかもしれないが、こちらのホリデーカード文化は凄まじい。もともとカード専門店もあるし(紙もの専門店みたいな感じ。ラッピングペーパー等も売っている。例https://www.papersource.com/ )スーパーやドラッグストアにも必ずカードコーナーがある。ホリデーカードは家族写真の写真を使って作成する人が多く、その写真をわざわざ撮る家庭も少なくない。が、カード自体はとても気軽に作成できる。
わたしがいつも使うのはShutterflyというサイト。
https://www.shutterfly.com/
だいたいどこも同じシステムで、スマホに保存されてる写真を使い、デザインやフォント、入れる封筒(差出人の住所も入れられる)をポチポチと選び注文完了。
宛名はシールに印刷したものを貼ればいいし、精神的障壁は意外と低め。

————————————————–

老若男女問わずだれでもSNSをやっている現代、たとえ自分がつながってなくても誰かがつながっているからまぁいいや、と思いがちだ。もちろんわたしもそうだし、特に不便を感じることも困ることもなかっ「た」。過去形である。

一昨年、イヌがもうそろそろだな、という時にどうしても連絡を取りたい人がいた。
もう何代目かわからない位イヌを飼い続けている母より一世代若い年代の近くに住んでいた女性で、わたしは彼女を師だと思っている。
どうしても連絡を取りたいのだが、わたしが知っているのは住所だけ。手紙を書く時間はたっぷりあっても残されてる時間がない。

困った私は「自分がSNSでつながっていて、公園で同じ時間に犬の散歩をしているであろう、彼女と挨拶程度は交わす人」に連絡した。
最近見かけますか?もし見かけたらどうか電話で連絡をくださいと伝えてください。
冷静に考えるとなんて責任重大なことを気軽に頼んじゃったんだろ…と申し訳ない気持ちでいっぱいになる。私だったら翌朝もその翌朝も見つけるまで必死に探すかも…。2-3日後に「電話番号伝えた!」とメッセージが来て、その日の夕方無事に連絡が来た。
年をとって耳がほとんど聞こえないはずの我が家のかわいい老犬さんは、師の声をiPhoneのスピーカーで聞き、ガバっと起き上がりめちゃくちゃしっぽを振った。嘘でしょう?

SNSと古風な近所付き合いの良さが融合した瞬間である。

SNS付き合いも手軽で悪くないし、古風な付き合いもまた悪くない。

—————————————-

住所が変わってる友達に「新しい住所教えて!」とSNSでメッセージを送ると「私も送る!なんか面白いご当地カード探すね!」住所はSNSで聞く、その先は古風なアナログの郵便で届く。この無駄なめんどくささが逆に面白さを生んで、後日届くご当地カードやその人の好きなものに基づいた切手や葉書がー!

1枚目左は在シンガポールの友達。SNSではよく会話するけどもう長らく会ってないんだよね。元気かな。右はハワイに旅行中の友達がわざわざ送ってくれた。しあわせそうで良い!
2枚目を送ってくれたのは人生ずっとネコを飼ってた日本で近所に住んでたおばあさん。FBでつながってる。ご自身の年齢からネコを飼うことを諦めてしまったそうなんだけど、ネコ愛が滲み出てる。葉書もネコなんです。

みんな最高でしょう?

—————————————-

ところで、この記事実は来年のホリデーカードシーズンに、完全に自分のためだけ、自分のカード作成モチベアップのために載せようと思ってた。もちろん手紙や葉書は一年中いつ出してもいいけど、多少誰かのモチベにもなるためにはたくさんの人が出す時期に載せたほうがいい。

土曜日に師からカードとお手紙が来たのです。

師は毎年必ずサンフランシスコのチャイニーズニューイヤーパレードの前後にドンピシャでカードを送ってくれる。4年連続。もしかして調べてくれてるのかな?と思いながら開封。

去年まではわたしの敬称がイヌ友達にありがちな「◯◯(イヌの名前)のママ」だった。
わたしも多くのイヌ友達をそう呼ぶ。◯◯のママ、◯◯のパパ。

今年は「まこ」だった。

わたしはもう◯◯のママではないから。だってイヌはもういない。神様のイヌになってから1年以上経つ。だから呼称はわたしの名前。
他人から見たらなんてことないことなんだけど、そうだよね、わたしもう◯◯のママではないよね、と、なんとなくちょっとシャキッとして前を向き直すきっかけをもらっちゃって…。
さすが師。

—————————————-

アナログ、悪くないでしょう?

「ありがとう」と言える人達

東京の友人が出張で来ていた。
かなり頻繁に来るので近隣に住んでる知人友人より会う回数が多い。

わたしのレストラン知識は食通であるその友人を饗すために構築されたと言っても良い。ありとあらゆるレストランに行ったが、今回は、自分が最近最も気に入っている、小洒落てるけど気軽に飲めるお店に連れて行った。なんとなく。

その友人とは、10年ほど前にTwitter経由で知り合った。別の友人が海外駐在を終え帰国して集まるようになった後のよくある飲み会だったと記憶している。今これを書いていて10年は言いすぎじゃん?と思ったがわたしがアメリカに引っ越してきて5年、Twitterがサービスを開始したのは2006年3月21日、震災は2011年だしどう考えても最低10年経ってる。驚き。

「いやーまこちゃん、お礼言いたかったんだよ」
自己紹介のあと、彼は言った。

「前に気に入ってるジャケットの袖が解れたってツイートしたら、お直しやさん教えてくれたでしょう」「あれ本当に嬉しかったんだよありがとう」

超びっくりした。何年も前のことで、よくTwitterで見かけるタイプの特に珍しくもなんともない他愛もないやり取りの一つで、そんないちいちわざわざお礼言うようなことでもないじゃん?
でも嬉しかった。すごい嬉しかった。お礼言われたこっちがめちゃくちゃ感激した。
その感激は未だに色鮮やかな思い出として残っていて、本人と毎回この話になる。

こういう「ありがとう」をさらっと言える人達ってのは結構いる。

こちらに住んでしばらく経った頃、朝、旦那と年を取りヨチヨチ歩きの犬を散歩していたら通勤中の女性が声をかけてきた。この辺の人は老若男女問わず基本的に皆話し好きで、通勤中の人が声をかけてくることは珍しくなかったのだが、その女性は、日本語で、こう言った。

「まこさんですよね、Twitterでワンちゃんの写真いつも見てて」

えええええええ
でもこれがきっかけで彼女と食事に行くことになった。
そして彼女は言った。

「お礼が言いたかった、ありがとう」

繰り返すが、よくTwitterで見かけるタイプの特に珍しくもなんともない他愛もないやり取りの一つで、そんないちいちわざわざお礼言うようなことでもないじゃん?
更に、この時は「わたしそんなこと言ったっけ?」と自分の言ったことすら覚えていなかった。それくらい本当に日々のよくあるちょっとしたやり取りで、どちらかというと呼吸に近い。何も考えてない。本当に何も考えてないのだ。でもそこに感謝する人ってのは意外と存在する。

何も考えてないからこそ、ありがとうを言われる側は唐突にプレゼントをもらったような気分になる。
嬉しい。

—————————————-

苦い思い出がある。

30代前半までの飲み歩きのほとんど全ての時間を共有したといっても過言ではない、性的関係が全く無いからこそ気のおけない異性の年上の知人と、ある日、口論になった。
そもそも深夜2時過ぎててお互い相当酔っ払っていたので何度振り返っても本当に何がきっかけだったのか思い出せない。同席していたよく行くレストランのシェフもバーのバーテンダーも「本当に何がきっかけだかわからなかった」と言っている。
口論の末、怒った私は、漫画の一コマのように飲んでいた酒を思いっきり浴びせかけ、席を立って帰ってしまった。同席していたシェフもまた、彼に怒って、やはり帰宅。
とにかくみんななんだか機嫌が悪かった。

付き合いも長いし、言い争いが今までなかったわけではないので「まぁまた飲むときに謝ればいいし」と、そこにいたお店の人を含む全員が思っていた。

ところが、その「また飲む時に」は二度と訪れることはなかった。

彼はその後仕事内容が微妙に変わり、わたしも環境が変わりバタバタと忙しくなり、お互い飲み歩きに割く時間が激減した。連絡は取っていたし、避けているわけではなかったが、とにかくタイミングも悪く、行きつけがほぼ同じだったにも関わらずばったり会うこともなく、そのまま1年が経った頃、共通の知人から、その知人が普段電話をかけてこないような変な時間に留守電が入っていた。

倒れて、意識が戻らない

お通夜の時、棺の前で立ってられないくらい泣いた。人生であれほどショックだったことは一度もなかった。今もこれを書いてて筆が止まってしまう。
なんでいつものように翌日すぐに何事もなかったように連絡しなかったのか、なんで他のことを優先させてしまったのか、何をどう頑張っても後悔しかなかった。
以来、基本的にどんなに怒っても即機嫌を立て直すことにしている。ごめんなさいも光速で言うことにしている。

だけど、よく考えたら、ごめんなさいを言うシチュエーションよりありがとうを言うシチュエーションの方が圧倒的に多いことに気づいた。てかもっと言ったほうがいい。
ごめんなさいよりありがとうをきちんということのほうが、意外と難しい。

そんな自問自答を続けている時、「ありがとう」と言ってくれたのが冒頭の友人だった。

—————————————-

今年に入ってから暗めのニュースがずっと続いている。
政治経済ネタ大好きニュース中毒のわたしですらTwitter眺めてるとその過剰にギスギスした感じに辟易するようになってきた。例えば誰かが延々と結論の出ないことで言い争っているのを見たなどというわけではないが、全体的にギズギスしてる。

まさに「見えない敵と戦う」感じ。

実際ウイルスは目に見えないのでそうなるのはやむを得ない。もちろん、政治経済議論が多めの情報強者を好んで自分で構築しているTLではあるがいくらなんでも荒みすぎ。

それで、月曜日の深夜、寝る前に

とツイートした。なんかほのぼのニュースないかなーとかそんなノリ。
朝起きてびっくり。二度寝しようかと思ってたけど即目が覚めた。

ちょっと嬉しかったこと、何かがキレイだったとか、何かがおいしかったとか、そんな他愛もないほんとうにちょっとした幸せでリプ欄が埋まってた。中傷とかマウンティングや、議論とか、そういう「負」の行為が絶対出来ないごく普通のシアワセでいっぱいだった。
超感動。もちろん丁寧にお返事しました。お返事することに時間を割いたおかげで荒んだTLをほぼ見ないで終わった。

「Twitterってもともとこういう感じだったよね、そういえば」

と、これを見て友達がメッセージ送ってきた。わたしもそう思う。

全然知らないどこかの誰かの身の回りに起こったちょっといいことを見て自分もなんか幸せになる。もちろん言った本人は誰かを幸せな気分にしようなんて全く思ってない。だって自分の日常に起こったことで他人には全然関係ない。でも不思議なことに聞いた人もなんだか幸せな気分になり「ありがとう」という。お互い何も考えてないのに、そこに生まれるのはあたたかさとありがとう。
ステキ。なんてステキなんでしょうか。
最近忘れてたかもしれないこの感覚は大事にしていきたい。

リプライくれた人、いいねしてくれた人、みんなありがとう