偶然見つけたサンフランシスコの動画を見てみると…





治安悪化が全米どころか世界中に名を馳せるようになってしまったサンフランシスコですが、そんなサンフランシスコの中で最も治安が悪い場所がテンダーロインです。わたしの住んでる場所とユニオン・スクエアを挟んで反対側の地域に存在するためクルマではよく通りますが一度も歩いたことがありません。だって危ないもん。クルマで通りかかるときも、まず窓を閉めます。Twitterを見ていたら「テンダーロインに行ってみた」という人気YouTuberマンペーさん(EXIT JACK)のこの動画がTLに流れてきたので正座して視聴させていただきました。
ツッコミと解説を入れつつブログに感想を書かせていただく次第でございます。ご査収ください。





これがアップロードされたのは去年6月30日。動画はサンフランシスコ中心部、マーケットストリートのケーブルカー乗り場の前からはじまります。ケーブルカーはパンデミックによる規制で長らく休業しておりました。運行再開に向けた試験運行を開始したのが2ヶ月後の8月中旬からなのでケーブルカーを撮れたのはかなり幸運です。

サンフランシスコは坂の街ですが、これに乗るのは主に観光客です。運賃が高いのと歩いたほうが早いのがその理由。オフレコですが前は明らかに近所の人が停留所3箇所分程度乗るときはタダにしてくれる車掌さんもいたんです。今は先払いになったのできっちりお金取られます。わたしは天気のいい日にちょっと乗ったりします。気持ちいいもんね。

動画0:14 いきなりのツッコミどころです。

撮影者「サンフランシスコはジャイアンツか」
マンペーさん「サンフランシスコ・ジャイアンツや」「湖の球場があるところや」

マンぺーさん、あれは海です。サンフランシスコ湾です。

画像出典https://www.hotels.com/go/usa/oracle-park-san-francisco

この清々しいまでのテキトーさ。死ぬほど笑いました。逆に好感度が爆上がりしてしまい、最後まで動画を観る気に。



動画0:20過ぎから、とりいそぎ街を歩いておられます。


正解です。ここは別に危険ではない。だってここテンダーロインじゃない。

ポストストリートにテントは元々ほとんどありません。(撮影時にテントが少ない理由は後述します)

0:40くらいに「FINO」というお店が見えます。

画像出典 Google Map https://goo.gl/maps/JjfbVWpoStcYnoYr5

画像右手奥に高い建物が見えるでしょ?ユニオンスクエアに面しているThe Westin St. Francis San Francisco on Union Square、サンフランシスコで一二を争う高級ホテルです。そこから西に向かうと治安はどんどん悪化しますがまだ観光客向けのホテルが沢山ある辺りで歩けないわけではありません。余談ですが、日本の有名ラーメン店のひとつである麺庄のサンフランシスコ店(Mensho Tokyo SF)はここからほど近いところにあり、未だに行列が絶えません。昨日もめちゃくちゃ並んでた。

動画は続きます。無事にホテルにチェックインされました。

ホテルの人親切ですね。そう、カメラがヤバいのです。過去にCNNがでテンダーロインを薬物問題の取材中に襲撃され機材全部持ってかれる事件がありましたし、うちの下のお兄さんはテンダーロインではない、別に治安の悪くない場所で横から頭に拳銃突きつけられて一眼レフ盗られました。サンフランシスコにお越しのYouTuberの皆さんも普通に観光を楽しまれる皆さんも、どうぞお気をつけください。
警察曰く売りやすいから狙われるんだそうです。

動画1:30過ぎから、待ってました!いよいよ街歩きをされるそうです!ワクワク。

マンペーさんが立っておられるのはシビックセンター地区、サンフランシスコ市庁舎である「シティホール」からほど近いアジアンアートミュージアムの斜め向かいの角です。地元の人は何か用がない限りたしかに行きませんね。画像左手奧に芝生の広場、シビックセンタープラザがあり子供が遊ぶ遊具もあります。

これは今やサンフランシスコの名物となりつつあるフェンタニル中毒患者です。治安の善し悪しに関わらず都心部のどこにでも出現します。この人はまだ壁にもたれかかっているのでマシですが、大抵は前屈のような頭をだらりと前に下げた状態で固まっています。薬が効いて動くことが出来ないので危険度は低いです。

火曜日と木曜日に開催されるファーマーズマーケットです。
この場所、皆さん覚えておいてください。

ファーマーズマーケットを抜けてすぐ、トラブってる様子を目撃されたようです。ちなみに警察ではなくただの警備員です。

左側にアジア人ぽい人達が何か売っていますよね。この人たちはですね…フードバンク(無料食料配給)でもらった食べ物を売っています……。中華街にもいるんだよね

彼、中々すごいところ歩いてるんですよこれが。

正直、よく歩いたと思います。ここは今サンフランシスコで最も治安が悪い辺りで、夜になると盗んだものを売る青空市なんかが出来たりするのです。注射器使ってる系の人は結構アグレッシブな人も多く、とても危ないと思います。

動画は適切に編集しておられるでしょうが、路地で引き返して正解です。今は市が配備している街のボランティアという名目のゴツい警備員が50m間隔でいるので、多少は良くなったかなーという感じですが、サンフランシスコで最も危険な場所のひとつかと思います。

マーケットストリートで皆信号守らないのが不思議だそうです。理由があります。

サンフランシスコの中心にあるマーケットストリートは一般車両の通行が禁止されているため、バス、トラック、タクシー等の商用車とパトカーなどの緊急車両自転車しか通行できないのです。この動画を撮影した頃はまだ市電も営業再開してないてすし信号守る必要がないんですよね。治安の良し悪しは無関係で今や信号の意味が無いので、基本的に無視して渡ります。もちろん私もそうです。


よくぞ言ってくれました。

これが、サンフランシスコの最大の問題 open-air drug markets/open-air drug use です。簡単に言うと売人もユーザーも野放し。警察はドラッグユーザーを捕まえませんが、売人は捕まえます。ところが撮影当時の検察官はせっかく逮捕した売人を次々に不起訴/釈放していました。こんな状態ですから薬物中毒ホームレスはパンデミック直前くらいから一気に増加。元々治安の悪い地域が中心だった彼らの生活圏は広がり、今や市内のあちこちで見るようになりました。


少し話がそれます。パンデミック初期の頃は生活苦でホームレスになったような人も見かけました。昨日まで普通の会社に働いておられたんだろうなという感じの人。外で寝泊まりすることにも慣れておらず、見ていて普通に心が痛み心配になります。薬にさえ手を出さなければ行政は非常に手厚い支援をします。ですから、再び住居を得て社会復帰する人も少なくないのです。しかし1度薬に手を出すとあっという間です。どんどんボロ雑巾のようになっていき、やがて見かけなくなる。皆さんは想像できないでしょう。でもこれがサンフランシスコの現実なんです。
シェルターがあるのでは?と思いますよね。そのシェルターの中が安全では無いのです。シェルター内で薬物が蔓延し、温和なホームレスは安全な場所を求めまた野宿へと戻っていくのです。

なんでそんなこと知ってるか、皆さん不思議に思われますよね。全てのホームレスが薬物中毒者ではないのです。毎日同じところにいて、清潔で、地域に溶け込んで近所の人がもってきたコーヒーを一緒に飲んでおしゃべりする人もいます。言うなればプロのホームレス、プロの物乞いですね。我々のうちの近くにもそんな人がいてよくおしゃべりするからです。たまに稼ぎの悪い日があるらしく、そんな日はマクドナルドを買ってくれないかと頼まれます。もちろん買ってあげます。ダブルクォーターパウンダー+ビッグマックソース、ピクルス抜き、というちょっと通っぽいカスタマイズです。


話を元に戻しましょう。



撮影されたマンぺーさんご自身も、動画を観たみなさんも、きっと気になったのが「ホームレスのテントがあちこちにあるといわれたのにほとんど見かけない」ことでしょう。
いやーマンぺーさん、実に惜しいんですよ。

敗因はここで左画のマーケットに気を取られてしまったことですね。では、右側に何があるかをみてみましょう。

(この写真はにゅー氏に提供してもらいました。ありがとう!)

フェンスに囲まれた地帯があったはずです。気になりませんでした? 何か工事でもしてるのかなー的な。それでは中を見てみましょう。

画像出典 https://www.latimes.com/homeless-housing/story/2021-05-07/san-francisco-tests-campsites-homelessness-solution

じゃーん

テント村です。これはパンデミック中に作られたテント村ですホームレスが点在することによる感染拡大を避けるとかそんな理由だったとおもいます。とにかく、街中に点在していたほとんどのテントはここに集約されてしまったのです。だからあまり見かけることがなかったのです。
今年、プライドパレードが再開されそのイベント会場にこの場所が使われるのでようやく閉鎖されました。

では続きを…

あれ…

まさか…

動画が終わってしまった…

テンダーロインには行かずに動画が終わってしまった!

あのね、そこテンダーロインじゃないの。

マンペーさんが歩いていたのはテンダーロインに隣接するシビックセンター地区。↑

テンダーロインはこっち。↓

テンダーロインは仰っていた「治安の悪さからちょっと高い給料が貰えていい肉(テンダーロイン)が食べられる」っていう真偽不明由来の名前、サンフランシスコ市警のテンダーロイン署があります。

最も治安の悪かった、その治安の悪さに引き返したところはミッドマーケット地区。ホールフーズが出来て多少マシになったとは言え、正直、場所によってはテンダーロインより治安が悪いと思う。ミッドマーケットからギリギリ外れたところにはTwitter本社があります。

でもシビックセンターで撮って正解だと思う。テンダーロインの治安が悪いのは悪いのは事実だけど、正直、更にひどい場所、サンフランシスコで最もダメな場所が全部撮られていました。



皆さん、わたしがこの動画をdisると思って読んでたでしょう。残念でした。

ツッコミどころは多々あるものの過剰な演出もないしなにより全く盛ってない! 信じられないでしょ。これ盛ってないの!そこがすごく良い。私達は感覚が麻痺しちゃってて「危ないところに行かなければいい」「危ない人には近づかなければいい」と思うだけだけど、やっぱまぁ、おかしいよね。

では、わたしがマンペーさんのかわりにテンダーロインの状況を動画に収めてあげましょうと昨日Whole Foodsに(Twitterの近くのスーパー)行くついでにクルマに乗って一周してきたんだけど、人もまばらで何か様子が変。
変っていうか、わたしがサンフランシスコに引っ越してきてからこんなにテンダーロインが平和だったことってあったっけ?位なの。どうしたのかしら?と思ったら

昨日から新しいサンフランシスコ検察官と警察が薬物取締りの強化をはじめたそうで。

未だ各所に残る極左前任者のシンパが猛烈に反対・妨害してるけど、いち市民のわたしはめちゃくちゃ応援してます。少なくとも私が引っ越してきた7年前の治安に戻って欲しいです。


*おまけ マンぺーさんの歩いた場所をマップ化しました。
https://www.google.com/maps/d/u/0/edit?mid=1LAqTbXf7jZe3Jjgbk4hQ1bLHc_z08Qw&usp=sharing

埋め込みがうまくいかないので取り急ぎリンクで。