サンフランシスコにご旅行されるかたへ

10連休にあわせてTwitterに書こうかと思ったんですけど今後ご旅行される人が検索しやすいかたちのほうがいいかな?と思いブログに書くことにしました。

1.タクシーはいますが空車がいません。
アメリカ人国内出張者や旅行客でも手を上げて必死でタクシーを止めようとしている様をよくみかけるのですが、サンフランシスコ市内では道端で手を上げてタクシーを捕まえるのはほぼ不可能だと思ってください。タクシー自体はよく見かけるのですが空車を見かけません。
タクシーに乗りたい場合はホテルからになります。逆に言うと大きいホテルには必ずタクシーがいます。ドアマンがタクシーに乗せてくれたらチップを必ず渡しましょう(3ドル位で良い)

英語が得意ではない人、ツアーでお越しになる人には精神的敷居が高いかと思うのですがタクシー的な車での移動をお考えであればライドシェアサービス以外の選択肢がないです。
Uber
https://www.uber.com/us/en/ride/
このリンクの下の方にアプリへのリンクがありますので必ず出発前に日本国内でダウンロードし、電話番号認証クレジットカードの登録をしておいてください。
アメリカに来てからだと認証にトラブることがあります。
(リンクは英語ですがアプリは日本語でも使えます)

*Uberの他にLyft https://www.lyft.com/rider もあります。
どちらが人気どちらが良いというのはは特に無く(Lyftのほうが多少安いとは聞くけど私自身が使わないのでなんとも言えない)ほとんどのドライバーさんはUberもLyftも兼業しています。
*使い方はすでにたくさんの人が記事にしていますので検索してみてください。

*乗車前はアプリに表示されるナンバープレートを必ず確認しましょう。877A3A1D-00BB-48A4-8121-2144E079F29C.jpg

Uberはこのような画面が表示されます。
右上のLincoln MKTが車種、その下にナンバーが書かれています。

2.寒暖差が凄まじいです。
ここ何日かは非常にいいお天気で日中は25度を超え日差しの強いところでは体感気温が30度近くになり朝晩も気温が下がらず非常に過ごしやすい日が続いています。
しかしそんな日は一年に何度あるかわからないくらい珍しい日だと思ってください。
この時期は20時過ぎくらいまで明るいのですが大体17時位から冷たい風が吹き始め目視できるレベルの深い霧(空を見ていると流れの早い雲に見えるが霧)が太平洋側からサンフランシスコ湾側に流れ込んできます。日中どんなに暖かくても霧が出ると夜は12度前後まで下がります。ものすごい寒いです。そのため羽織るものが絶対に必要です。絶対。

うちは都心部でありとあらゆる人種の観光客を日々見かけるのですが「サンフランシスコはカリフォルニアだから暖かいだろう」というのは万国共通の誤解で、寒くなると皆土産物屋でSan Franciscoとロゴの入っているようなだっさださのフーディ(パーカー)を買って着込んでいます。土産物屋もわかってて売ってる感がある。
万が一のときははユニクロにフリースとライトダウンが売っていますのでそちらをどうぞ。ユニオンスクエアそば、ケーブルカーの線路沿いにあります。

*「なんでカリフォルニアなのに寒いのって日本の友達みんな言うんだよね〜」
「HAHA それはベイエリア以外のアメリカ人もみんな言う」
というやり取りが鉄板持ちネタ化しているくらいカリフォルニアというと暖かいと思われています。ここはロサンゼルスとは違うのです。
*空港より南いわゆるシリコンバレー、ゴールデンゲートブリッジの向こう側は普通にカリフォルニアの気候です。でも寒暖差はあります。

これは当地の気象予報士さんのツイート。4/25の霧です。

3.治安があまりよろしくないです。
スマホやパソコンひったくりのニュースほぼ毎日見ます。被害者は観光客に限ったことではないので警戒のしようがないのが現状です。都心部はどこでもホームレスがそこら中にいて薬物の注射器があちこちに落ちています。誇張ではありません。
とはいうものの日中ヴィトンやシャネルの買い物袋下げてるような人はごくごく普通にいますし、皆ブランドもののカバンを普通に使っています(含わたし)
ただし都心部で小腹が減ったからと遅い時間にドラッグストアなどに行くのは本当におすすめできません。サンフランシスコは夜が早いので平日は20時をすぎると外を歩く人が一気に減ります。買い物は明るいうちにどうぞ。

*スマホひったくり情報はテレビのニュースで見るわけではなく、犯罪情報を通知してくれるアプリを入れています。事故などで地域一帯封鎖などの情報もこのアプリがダントツに早いです。
CITIZEN https://i.citizen.com/ 電話番号認証が必要。
都心部にいると通知が多すぎてうるさい日がある(それくらい治安がよろしくないってこと)
*レンタカーを利用する人、車を離れる時に中においていいのは空気だけです。
絶対に見えるところに物を置かないこと。紙袋もダメです。
同じベイエリアに住んでいても「ここまでやらないとだめなの?」と仰る人が多いのですが市が同じことを注意喚起しているくらいです。一時期より減りましたが車上荒らしが凄まじく多く小銭なども見えるところに置いてはいけません。最大の被害は物を盗まれることではなくガラスを割られることです。

4.和食が食べたくなってもジャパンタウンに求めてはいけません。
ひのでや(ラーメン)鉄板焼きのBENIHANA 以外は入ってはいけません。
Nijiyaという日系スーパーのお弁当はそれなりにおいしいですが夕方にはなくなります。
その他にまともな店は一切ありません。

都心部で手軽な感じだとおにぎりのonigilly(16時まで)

日本のカレーのむらっちは手軽に食べられてとてもまともです。むらっちはカツ丼などもおいしい(量多いので注意)

一風堂もあります。普通に日本の一風堂です。
最も手軽なのがフェリービルのOTD(ブルーボトルの通路挟んで隣)の肉まんです。とてもおいしい。

同じフェリービルのDelicaは日本の惣菜屋さんです。お弁当おいしい。
レストランはozumo とpabu が行きやすくておすすめ。

5.渡航保険にかならず入っておきましょう

———————

サンフランシスコはアジア人がとても多く、人々も観光慣れしているので皆親切です。
楽しいご旅行になりますように願っております。

アルカトラズ島へ。

これはどこに世界中どこに住んでても同じだと思うのですが、住んでる地域を言うと「◯◯行ったことある?」と、居住地の観光名所を聞かれますが近いといつでも行けるので行ったことない確率が高い。
というわけで、サンフランシスコの観光名所「アルカトラズ島」にわたしは行ったことがありませんでした。名所旧跡にあんまり興味ないしいつでも行けるしどうでもいい。

アルカトラズ島(アルカトラズとう、英: Alcatraz Island)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のサンフランシスコ湾内、サンフランシスコ市から2.4kmのところに浮かぶ、面積0.076km2の小島である。昔は灯台、軍事要塞、軍事監獄、そして1963年まで連邦刑務所として使用され、ザ・ロック、監獄島とも呼ばれている。1972年、国立レクリエーション地域となり、1976年及び1986年にランドマークの指定を受けた。
Wikipediaより)

と、友達とごはんを食べながら言っていたのが2月頃。

で、水曜日は朝起きたらめちゃくちゃ天気良い。サンフランシスコに引っ越してきてから一番暑い。今日を逃すと、この寒い寒いサンフランシスコで観光船に乗る気には一生ならないかもしれない。速攻その友達に連絡して待ち合わせしました、Pier33で。

img_7538

ウェブサイトから予めチケット購入できるっぽいのですが、一応電話して問い合わせをしたら「直接来ても大丈夫」とのことで行ってから購入。
行き帰りがフェリーなので各時刻定員あり。要ID。チケットに記名されます。
https://www.alcatrazcruises.com/
オーディオツアー(ヘッドホンで聞く館内案内)付き約37ドル。


出港。気温27度で体感温度は30度超え。
タンクトップで行きました。繰り返しますけど寒い寒いサンフランシスコ、海でタンクトップで寒くない日はまずない。こんなの初めて。
画像真ん中にみえる円柱型の建物はコイトタワー。観光名所ですがもちろん行ったことはありません。

※進行方向に向かって左側に座るとゴールデンゲートブリッジが見えます。

オークランド港へ向かう貨物船。尖った建物はトランスアメリカ・ピラミッド。その左側の高い建物がセールスフォースタワー。橋はベイブリッジ。
最高のフェリー日和。


到着。レンジャーのおじさんの(ナショナルパークなのでレンジャー管理)の諸注意解説の後、島内自由散策。この画像から見て左手に島内地図が置いています。海外にありがち、へんてこJapaneseではなく正しい日本語で書かれていて読み応えあります。
1ドル。

先に島内をぷらぷらと散策。

のんきに「えーいいとこじゃん!別荘地みたいじゃん」「こんな刑務所だったらむしろ入りたい」と言いながら散策。

「オーディオいらないよねー」「全部聞くと時間かかるし」と歩きながらわたしたちは言っていました。わたしは全く興味がなかったのでとっとと一周してさっさと帰ってゴクゴクとビールを飲みたかったのです。だってこんなビール日和ないじゃん。

でもまぁ最初に払った37ドルに含まれるんだから借りました。
(全員オーディオ貸出コーナーを通るルート)
日本語バージョンを借りいよいよ刑務所内へ。


「ありゅかとりゃずへょうこぉそ」

あーやっぱアメリカで日本語解説こうなっちゃうか、と思ったのは最初の一瞬だけ。
その後いきなり流暢な日本語でラジオ演劇調の解説がはじまります。
これがめっちゃくちゃおもしろい。衝撃的。バカにしてすみませんでした。マジで。
金曜ロードショーでやってる吹き替え映画みたい。本当によく出来てる。
大昔の吹き替え海外ドラマの刑事モノを思い出します。
効果音も入り登場人物も多彩。セリフもおもしろいので囚人役をルパン三世の声でやらせたい…。
おそらく他の言語もおもしろいのでしょう。聞き逃すと戻ったり、おしゃべりしている人がほとんどいなくてみなさん一心不乱にオーディオを聞いていました。
自分の生まれ育った国の言語、母国語(第一言語)を借りることを強くオススメします。
無理して英語を借りる必要はありません。
(同じ機械で言語選択式だけど自分では設定できない/オーディオツアー借りなかった人は返金があるらしい。借りたので返金場所はわからない)

アルカトラズ島はアルカポネが収監されていたことで有名なのですが、アルカポネの話なんか梅毒で頭おかしかった、だけ。マジどうでもいい。他に面白い話が山のようにあります。
どれくらい面白かったかというと、友達とはほぼ別行動になり、週末にもう一回行きたいくらい。アトラクションレベルとしてはディズニーランド級です。


この日はたまたまアメリカ沿岸警備隊の人たちが見学にきておりました。
一般人が入れないところを案内されていて下から見上げると囚人気分が味わえました。
皆さん気さくで手を振るとニッコニコで手を振ってくれます。かっこいい。


この房の解説が最高におもしろい。
本当は背中側に窓があるそうなのですが、残念ながら改修工事中

寒い。風めっちゃくちゃ強い。お札飛ばされてるおじさんがいた。
こんなに暑い日でもこんなに寒いとか普段はどうするんだ。


全部見学して1時間ちょっと。その解説をすべて記憶しているほどおもしろく、市内に戻ってから友達とふたり、ビールだけ飲みに来た旦那に延々オーディオツアーのものまねを聞かせていました。

参考リンク:Alcatrazh History http://www.alcatrazhistory.com/

—————————————-

あっちこっちから日本語が聞こえてきてずいぶん日本人観光客が多いな、と思ったらゴールデンウイークなのですね。みなさん日本に帰ってこういうでしょう。
「サンフランシスコいい天気で暑かった」
運良すぎ。日頃の行いがさぞかし良いのでしょう。

わたしたちが行った翌日、夕方のアルカトラズ島。
場所によっては一日霧が晴れない地域もあり寒い一日でした。(Tweetは地元局の気象予報士)
この時期は一日中天気のいい時期と霧が出る時期のちょうど境目。

冒頭に寒い寒いを繰り返していたのはこれが理由。
日差しが強いので晴れた日中はまだしも、風が冷たく夜は10度ちょっとくらいまで下がります。というかサンフランシスコは年間を通して基本的に寒いです。アメリカ人観光客でも服装を間違えます。「カリフォルニア=暖かい」イメージは万国共通。

アルカトラズ島は潮風が強く、周辺の海水温が低いため市内より更に気温が下がります。
刑務所内はすっごく冷えるので、普段は暖かい服装(羽織るもの)×スニーカーで行くのがオススメ。わたしはこんな好天でも凍えて帰りのフェリーでホットチョコレートを速攻買いました…。寒かった…。

——————–

ランキングサイトに登録しています。
画像↓クリックよろしくお願いします(・∀・)!
(別ウィンドウが開きます)
1481253540538

おまけ


シャウエッセン買い増し
わざわざサンノゼまで行ってしまった…(ミツワ)