近況報告、そして悩み

超久々の更新になってしまいました。今作成画面開けたらUIが変わっていて震撼しているw

イヌが急性膵炎になりました。

参考までに再度スペック
12歳8ヶ月。未去勢。軽肥満までいかないけどややぽっちゃり。(34−7kg)
常用薬はリマダイル。飯は生食。牛鶏羊魚等200g、おかゆ100g、犬用の野菜ミックス100g
基礎疾患なし。強いて言うなら股関節に難あり。

・2月25日(土)
朝は一時間位散歩して午後からイヌ洗いセンターへ連れて行き、18時頃回収。
・2月26日(日)
深夜からイヌの様子がおかしく病院(VCAサンフランシスコ)に連れていきましたが関節炎ではないか、一応血液をしましょうと採血して痛み止めを処方され帰宅。
夕方になりやはりイヌの様子がおかしいのでもう一度病院にいきましたが同じことを言われ帰宅。
・2月27日(月)
午後になって検査結果判明。
膵炎の「疑い」で市販のH2ブロッカーを飲ませてください、と。しかし数値は素人目にもおかしいもので(PrecisionPSL通常値20-140/7866)病院に問い合わせましたが「吐いてもいないし下痢もしていないので確定診断ができない。心配なら超音波検査を」と。
20時頃やはり様子がおかしいので病院に連れて行くと、いつもより元気に散歩しだしたので診察を受けず帰宅

・2月28日(火)
朝から元気なく食欲もない。13時頃吐く。
すぐさま病院に連れていき、案の定急性膵炎でそのまま入院。わたしたちは当然強めのトーンでクレーム。不信感でいっぱい。

・3月1日(水)
イヌの状態が改善しているように見えない。

・3月2日(木)
イヌの状態がまったく改善せずわたしたちの不信感は日々募る一方。弁護士案件にすることも辞さないという強い怒りでセカンドオピニオンを聞きにSPCAへ。いろいろ話した結果、もう一度VCAを信頼してイヌに血漿輸血(プラズマトランスフュージョン)を受けさせることに。22時ごろから輸血開始。

不信感は「犬の急性膵炎に対する認識の違い」からはじまったもの。
病院側、というかアメリカは「急性膵炎?12歳?大丈夫、治るよ」という感じ。一方わたしたちは最悪の事態を覚悟。これじゃあ噛み合わないのも無理ない。
SPCAがその溝を埋めてくれました。VCAに何度も電話をして最善策を模索し、2時間近く丁寧に話を聞いてくれました。

・3月3日(金)
イヌの状態が改善しているように見えない。パニック。
カスタマーサービス(受付)の女性が親身に相談に乗ってくれる。
100%白人にしか見えないその女性のおばあさんは日本人で、小さい頃日本に住んでいて、飼っているラブラドールは12歳で膵炎になって今元気というもう神様みたいな人。
・3月4日(土)
朝から一回も鎮痛剤を投与していないのに元気。病院のまわりを元気いっぱいで歩きウンコする。戻っておもむろに飯をガツガツ食い始める…。
退院。膵臓の数値はすぐは改善しないので血液再検査は翌々週。

医療費約8000ドル。
(アメリカで犬猫を飼ったらすぐ必ず保険に入りましょう。
うちは日本から連れてきたので病歴が取得できず、月の掛け金が1500ドルとかおかしなことになるので入れませんでしたが、保険に入っていればたいてい1−2割の負担で済みます。金銭的だけではなく精神的な負担が全く違います)

——————–

自宅加療は不安が残るのでうちから1時間位のところのスペシャリスト(エマージェンシー勤務の動物看護師)のお宅にそのまま連れていきお世話に。
そして私達は日本に帰国。一週間留守。すごく不安。

なぜならそのスペシャリストさんはいつも預かりをお願いしているVCAベイショアの人から紹介され初対面。いくら今の状態がテキストで送られてきても不安。なら置いてくなよ!と突っ込まれそうですが自分で面倒見るのも不安。もういずれにせよ不安。

・3月12日(日)帰国
・3月13日(月)迎えに行く。不安いっぱい。
出てきたイヌを観て驚愕。すげぇ元気。
ちょっと痩せてすっきりして確実に入院前より元気になってる。
プロすげぇ、マジすげぇ。いやマジで。
帰ってきてから飯くれ腹減ったを連発。

——————–

今日、3月15日(水曜)
飯イマイチ食わない。様子おかしい。でも息が荒くない。
15時ごろ膵炎になって初めての下痢。まよったけどセカンドオピニオンの時に「サンフランシスコ市内のエマージェンシー、即日の血液検査はすべてSPCAで実はやってる」と言われたのでSPCAへ。
触診の結果そんなに心配することはない、という結果になって帰宅。
たしかに息が荒くない。診察受けたのは夕方で痛み止めも切れているはずなのに痛そうではない。おなかは壊しているけど他は気になる点があまりない。
でも飯食わない、てか療法食(缶詰)全く食わなくなって何食わせていいかマジわかんない。
無理にでも血液検査したらよかったのかな。

もうどうしていいかわからない心が折れそう←イマココ

——————–

イヌが入院してから膵炎に関するありとあらゆるものを日本語英語片っ端からググってるけど絶食するさせないとかコメ食わす食わさないやっぱ生だ生ダメだとか、当然ながら正解はなく、やっぱりもうしばらくプロのお世話になったほうがいいのかな、とか
鶏だターキーだ牛の赤身だ、骨は食ったほうがいいだダメだ、とか
脂はダメなのは総意だけど、療法食って結構ベトベトしない?ダメってどれくらいダメなのかもよくわからない。

どうしたらいいんだよ…。やっぱ自宅加療は早かったのかな…。
もう一度プロに預けるべきか…と連絡を取りつつ外の空気を吸いに出てなんとなくググったらいままで一回もひっからなかったブログを発見

膵炎~ファニーの経過~
http://funny0103.blog28.fc2.com/blog-entry-154.html

これを読んで少し落ち着いたけど、やっぱ絶食させるべきなのかな…。
こちらの病院は「まずは食欲」「ちょっとでも食わせろ」というのが一般的。
なので食べさせることばかり考えていた。うちだと療法食を食べないけどプロ宅では食べる。
それは足元をみられているせいもあるし、甘えてるせいもあるし、わたしが甘いのもわかっている。つらい。

——————–

今日の投稿にはなんのオチもないんだけど、
今までこんな感情まるだしの投稿とか一回も書いたことなかったのでたまにはいいかなと。
日本で飲んだ日本酒ネタ、最近買ったものネタはまた後日。

ランキングサイトに登録しています。
画像↓クリックよろしくお願いします(・∀・)!
(別ウィンドウが開きます)
1481253186583
ランキングが上がり、この記事を見る人が増え、何か(気休めでも全くかまわない)有益な情報が得られればいいなと思っております。よろしくお願いします。

 

アメリカに引っ越してきて1年が経ちました/イヌが手術しました。

10月15日土曜日でアメリカに引っ越して1年が経ちました。

という内容で記事を書こうと思ってネタをいろいろ温めていたのですが…。

イヌが手術をしました。結論から言うと元気です。
以下どうしてもうまくまとめられず支離滅裂気味でオチもない長文をどうぞ。

13日木曜日の朝、イヌの脚がおかしくしばらく様子を見ましたが一向に改善する気配がないため病院(SPCA)に連れていきました。前日、同じ病院で血液検査を受けていたので何かおかしいところがあればすぐわかるはず。病院についてすぐレントゲン撮影。

「お腹の中に何か大きな物がある」
「ガンかもしれないのですぐ超音波診断を」

目の前が真っ暗になりました。

お腹が大きいのは気になっていましたが急に大きくなったわけではないためあちこちにできている脂肪腫と同じものだと思っていました。
万が一を考え3ヶ月に一度血液検査を受け、この1年数値はほとんど同じ。なぜ…。

超音波診断を受けられる別の病院にすぐ移動。
夕方になりやっと検査が終わり、出てきた獣医さんは言いました。

「このまま入院して明日の朝腎臓を片方摘出します」
「腎臓の中に膿が溜まっています(腎嚢腫)」

たとえ腎臓を片方とってもガンよりマシ。
少し安心したものの、うちのイヌは未去勢で今まで一度も麻酔をかけたことがありません。高齢犬の手術で一番怖いのは「麻酔から目覚めないこと」です。

翌朝、手術開始を待っているのですが手術前にかかってくるはずの電話が一向にかかってこない。おかしい。
10時を過ぎてようやくかかってきた電話に絶句。

「腎臓は両方共正常。摘出はしない。」
「お腹の塊はやはりガンかもしれず、この大きさだと手遅れの可能性がある。」
「開けてダメならそのまま閉じる。」
「手術しますかどうしますか?」

何はともあれ開けてみないと話になりません。手術をお願いしました。
朝からだったはずの手術は昼過ぎにようやく開始。

1時間半後、獣医さんから電話。

「お腹の中の塊は3キロ」
「脾臓の横にも小さな腫瘍がありそちらも摘出した」
「たぶん悪性とかそういうのではない」

夜になり無事に麻酔から覚め、詳しい話は翌日へ持ち越し。
そして渡米してちょうど1年、10月15日土曜日の朝

様子見に来てドクターから話を聞いた後、少し散歩させてあげてください。」

様子見に来てはわかる。散歩させてあげてください???
うちは12歳の老犬で昨日1時間半近い手術したんだよね?どうなってんだ??
と思いながら病院に行ったら痛いのと不安でピーピー言いながらも嬉しそうに犬が出てきました。病院のまわりを軽く散歩したあとご飯をモリモリ食べていました。
もう頭の中はクエスチョンマークでいっぱいです。
一ヶ月くらい歩けないんじゃないかと思っていたし、人間だって手術したら翌日にいきなり飯なんか食えないし…と思ってたら獣医さんが

夕方退院させていいですよ〜

えええええええええええええええええええええ!?
こうして無事(?)渡米1年の記念日を自宅で過ごす事ができました。強運。

お腹の傷は30cm近く、後ろ足にはモルヒネテープを巻いてあります。

話が前後しますが、そのお腹の謎の塊。
獣医さん(どうみてもベテラン)も初めてみたらしく、何か全くわからない肉塊でもない水でもない脂肪でもないとにかく謎の塊が腹膜と腹膜の間に、どこにも癒着せずきれいに成長していたそうです。ピノコか?
そのため内臓には一切傷がなく、消化の良いものなら食べても問題ないけど後ろ足のテープ巻いてるうちは副作用で食欲全く無くなる……はずなんですが、家に帰ってきてまず普通にご飯を食べていました。足りない足りないと更にご飯を食べたがるのでなんかおかしいのではないかと病院に問い合わせしたら笑われてしまいましたwww

痛いのか薬の副作用なのか一晩中家の中をウロウロして心配しましたが、朝になり外に軽く散歩に行きご飯をしっかり食べさせたら寝ました。

お腹減ってたんか!
でもまぁ食欲があるのはいいこと。
傷をベロベロすることもなく、もらってきたエリザベスカラーを使うこともほぼなく、道行く人にお腹どうしたの?と聞かれ「いやこないだの金曜日に手術して…」というと驚愕されるくらいよく歩き
長い散歩は2週間くらい控えるように言われていたのですが、昨日チェックアップで特に問題もなく、なにより体力が余ってるようなので、今日は久々にビールやさんに行きました。
手術前日、願掛けがてら閉店ぎりぎりでビールやさんに駆け込み、泣きながらビールを飲み、お店の人にしばらく来られないと伝え…たんだけどあっさり復活。君すごいよ。

※病理の結果、お腹の中のものはすべて良性でした。


実は6月に救急で病院にかかったとき、触診した獣医さんが
「お腹に何か水分のようなものが溜まっている、内臓から出血している可能性がある。このまま手術になるかもしれない。」
ところがレントゲンを撮ったら特に内臓からの出血はなく「慌ててごめんなさい…」ってことがあったのでした。
でもお腹が丸いから肝臓が肥大しているのかもしれないし超音波診断受けたほうがいいよと指摘をされていたのです。
肝臓は何でもなかったけど確かに「何か水分のようなものが溜まって」いました。その獣医さんは触診だけで見抜くなんて天才じゃないかと…。
3キロって軽めの新生児くらいですからね。さぞかし重かったことでしょう。ごめんねイヌ。
寝息も静かになり、水をよく飲むようになりました。

それから今回手術をしたVCA San Franciscoに、いつもペットホテルサービスを利用している空港の近くのVCAと兼任の看護婦さんがいるらしく、うちのイヌに気づいたその看護師さんは一生懸命名前を呼んで声をかけてくれたそうで…。こんなにかわいがってもらっていたのかと感激。

イヌはすっかりアメリカに馴染んでいたんだなぁ。私も少し見習わないと。
一年経っての雑感その他は後日また。

お見舞いをくださったみなさん本当にありがとうございました。
皆さんに支えられた分長生きしないとダメだよ迂闊に死ねないからね!と言い聞かせておりますw(笑い事じゃない!



サンフランシスコでの動物病院選び

注:下記文章の一部はもともとfbで友人向けに書いたものですが、サンフランシスコ周辺の動物病院情報の日本語検索結果がゼロに等しいため、ブログに掲載することにしました。

——————–

うちのイヌは動物病院にあまり縁のない子ですが、何あってから病院を探しても遅いのでこちらでも病院を探しておこうと。

動物病院は日本もそうなんだけど先生との相性が大事。そのため評価サイトやらクチコミやらはいい意味でも悪い意味でも鵜呑みにできないし、それは飲食店もそうだけど5年前のレビューとかあまり役に立たない。
丁寧にレビューを精査。
(※英語話せないけど読んで理解はそれなりに出来る)

1.SPCA fillmore / SPCA mission
2.Nor Cal Veterinary Emergency and Specialty Hospital
3.San Francisco pet hospital

の3件に絞った。

1は非営利団体運営の病院、というのが選択ポイント。日本では教育機関がやってる病院に通っていたので雰囲気がだいたい想像できるのと、非営利団体や教育機関の附属病院は設備がきれい。それからこの手の病院は飼い主としても獣医としてもベテランの先生(勤務歴長い)が必ず何人かいる。指導医として。

2は設備。ちょっと遠い(デリーシティ)けどこの辺ではダントツの最新設備。犬のリハビリ用流れるプール(デカい風呂桶みたいの)があったりして外科手術うまいっぽい。
(※この文章を書いた後日、知人のネコが緊急手術を受けた。何度も連絡をくれ徹底して質問に答えてくれる系ドクター。入院中の動物のモニタリング体制も万全。3段階制。)

3は様々な病院の評価をみると「大手に買収される前は本当にいい病院で」というレビューが散見されたため(SPCAも元は違う病院だった)あえて小さい病院を探した。
ここはおそらく経営母体は小さく、外観もこじんまりしてるのに(写真に写り込んでいる)設備がやけにきれいだった。経験上この手の古いのに設備しっかりしている病院は先生が動物ヲタとかで変わり者だけど腕はずば抜けていい。ので、選んだ。
——————–
犬のお腹の調子が不安定で、病院に連れていくことに。

3の病院にまず電話。新患はウェイティングリスト式。(かかりつけ以外は診てくれない) この段階で結構期待できる。今日は行かないけどウェイティングリストに入れてもらった。旦那が電話応対の丁寧さに感動していた。うち年寄りだからかかりつけ医ってのは大事だし。

1.2、両方電話してみて結局 1のSPCA fillmore に行った。2は別に問題なかったけどデリーシティでちょっと遠い。最初は1日様子見るように言われたんだけど犬の年齢を(もうすぐ12歳)言ったらエマージェンシー扱いになるけど即日対応しますよとのこと。

SPCA は24時間対応。新患で即日対応して欲しい場合は全てエマージェンシー扱いの$95。一般は$65。
その日支払った金額はエマージェンシー料金、血液検査3項目×ンコ1項目で$308。
血液検査って日本でも2万円くらい取られる。(検査項目もう少し多いけど)ことを考えると、設備、家賃とスタッフの人数人件費考えても基本診察料が真っ当どころか安いくらいでは。

先生が日本で通ってた動物病院の先生のような飼い主を不安にさせない系ラブラドール詳しい系の先生で、触診がめちゃくちゃ丁寧。聴診器<触診。あちこち押してた。脱水の状態もよく見てたし眼、耳、歯、肌、毛艶も見てた。こちらへの質問も細かかったし、薬に関する回答も非常に丁寧。
老犬見慣れてる感じ。
(帰ってきてからググったら担当してくれたのは10年選手のベテランの先生)
検査結果がPDFで送られてきたあと電話、mailで丁寧に質問にも答えてくれるし、とても良い病院。
——————————
後日San Francisco pet hospitalへ。
その日は特に具合が悪かったわけでははないけど、予約を入れていたのできちんと行った。
スタッフの質がとても良く、受付越しから犬の名前を呼んでくれたり、耳を洗浄してくれた男性スタッフも犬に高い声で話しかける系でとても親切。今まで行った病院の中でダントツ。最高。
トイレを借りたら施設の一番奥にあり、病院施設の全部を見れた。小さな病院だと思ったら奥に細長い病院で設備も充実していてスタッフも多い。良さそう。

ところが残念なことに先生が私達には合わなかった。

次から次へと「疾患の可能性」を羅列する系の人。それは年齢のせいもあるので仕方ないにしても、その指摘された疾患の代表的な症状「多飲多尿」が全くないよ!と言っているのに聞く耳を持たない。
(飼い主が気づいていない犬の状態に気づくのはドクターとして大切なことだというのは重々承知しています。)
基本的に人の話を聞かない系。書いちゃうけど先生は女性。

支払った金額はシニアチェックを含め計517ドル……。

更に期日に検査結果の連絡がないためこちらから連絡したところ、受付の人がまだ検査結果を聞いていないことに驚いて至急折り返します!と。
ところがその日は何の連絡もなく、翌日になり留守電が入っていたものの「(疑っていた)病気ではありませんでした。」「肝臓の数値は10月よりいいよ」おしまい。
えええ!所見とかないの??
その後は連絡が取れない。なので私たちは未だに検査結果詳細をみていない。←イマココ

期待度高かったので残念……。スタッフすごく良かったのに本当に残念。
※先生は3人いる

—————————–

レストランとかは日本語で検索したほうがむしろ精度の高い検索結果になるのに(味覚の問題。味覚が似てるから日本語検索のほうがより美味しいと思う店が引っかかることが多い)動物病院は本当に全然全く情報がなかった。食事と違って言語で病院の優劣が左右されることは全くないだろうけど、母国語で、情報があるってのは大事だよね。

イヌな1日。

うちのイヌ(夏で12歳)のお腹の調子が先週からいまいち良くなくて、一応病院(獣医さん)へ連れていくことに。若い時はワクチン以外でほとんど病院行ったことなかったけど年取ったのでそうもいかない。

image

高ぇ……。衝撃の高さ。ンコをラボにまわしたわけでも血液検査したわけでもない。アメリカ恐ろしい。東京では5000円とかですげー高い!って感じだったのに。
(但し投薬料はおなじくらい)

獣医さんが空港のちかくで、せっかくだから帰りイヌを自力で洗うことに。天気いいし。

image

Unleashed by Petco
432 Westlake Ctr
Daly City, CA 94015
(650) 755-8204
http://www.unleashedbypetco.com/shop/en/unleashedstore
↑うちは「高級ぺトコ」と呼んでる。

セルフ犬洗いコーナーがありタオルもシャンプーもシャンプーブラシも全て貸してくれて10ドル!服が濡れないように防水エプロンも貸してくれます。(上の画像の壁にかかってるもの)
シャンプーは持参。

image

シャンプー自体は好き。

image

お姉さんとかお兄さんが洗うんじゃなくわたしが洗うことに気づいて不安だし不満。

そう、アメリカに引っ越してきてから君を初めて自力で洗うのだよ。
日本にいた時はお風呂場で1週間から10日に1回、夏場は毎日水浴びさせていたのでホントはもっと洗いたい。犬臭いのわたしダメ。大キライ。
あと、耳の中に水入れて洗いたいんだよー!これこっちのトリミングだとやってくれないの。なんで???

image

image

きもちいいのかゴキゲン。

洗い上がりの画像はないけどふっわふわで女子高生みたいないい匂い。
土日は超混むので平日がおすすめ(店員さん談)

image

体重はかった。

日本出国時、羽田の検疫で体重はかったら32キロだったのに……。しかも一週間お腹の調子がいまいちで日曜日絶食してんのに……。ずいぶん肥えたな。まぁいいことだ。軽肥満がいちばん。

ドライヤーらしきものはあったけど自然乾燥でうちは問題なし。好きなオヤツいっぱいあったのでたくさん買った。

———-

以下宣伝(日本国内向け)

長寿庵のいきなり団子(熊本)
https://choujuan.co.jp/

毎日貼っててあたしが一番食いたくなってやばいwww