食べに食べた一週間。

やばいやばい。また一週間以上ブログを書いていなかった…。
日本からレストランに非常に詳しい友達が来ておりまして3日連続外食。
お店はすべてその友達のセレクトです。

1日目
Kokkari Estiatorio
200 Jackson St
San Francisco, CA 94111
(415) 981-0983
https://kokkari.com/


「なんて名前のレストランだっけ?」
「国会のローマ字表記みたいな…。」
コッカリ

桃×チーズのサラダ。去年の夏、桃×チーズが旨いっていうのをあちこちで聞いたのでトライ。大正解。ワインにすっごくあう。ロゼ飲んだ。

地中海料理ですが、ラムがおいしいってまつげエクステの人に聞いたので頼んだ。こちらも美味しかった。足りないよ3本じゃ。
タコ、イカ、魚、何もかも全て美味しかった。タコ柔らかい!
夜10時近くなってから行ったので品切れのメニューがいくつかあって、悔しいので近日中にリベンジ予定。

2日目 昼
「とりあえず明日は煲仔飯を食うことしか考えられない。」
とメッセージが来たんだけどそもそも読めない。なんだよそれ?
ボウチャイハン と読むらしい。

異国だ…
Utopia Cafe
139 Waverly Pl
San Francisco, CA 94108
b/t Washington St & Clay St
Chinatown
(415) 956-2902

yelpがいつになくマトモなので貼っときます。
http://www.yelp.com/biz/utopia-cafe-san-francisco
煲仔飯画像多い… 有名なのね…全く知らなかった。

煲仔飯(ボウチャイハン)登場(鶏肉×帆立貝柱)
衝撃の旨さ。なんて言うんだろ、すごく満たされる味。
これはいいね。

余談ですが相席した家族連れ観光客のお父さんの箸使いが上手で、それを見て子どもが一生懸命箸で食べていたので
「私日本人だけど、あなたのお父さん箸まじ上手いよ」
的なことを言ったらふたりともすっごく喜んで、その後私の箸使いを凝視してすごい!と更に一生懸命練習していたので日本人として恥ずかしい箸使いを見せるわけにはいかず非常に緊張しましたが、ご満足いただけたようでなによりです。
空手習ってるんだってさ。
素敵な旅を。

2日目 夜

私達が最後だったので誰もいない店内が撮れた。

Octavia
1701 Octavia St
San Francisco, CA 94109
b/t Austin St & Bush St
Lower Pacific Heights
http://www.octavia-sf.com/

この日は夕方からすごく濃い霧が出て真冬の寒さに。
それだけじゃなく店が寒かった…とにかく寒かった。外寒いからかと思ったらエアコンだった。
このお店あんまおしゃれしていかなくていいかな。そういう感じではなくホッとしてご飯を食べれる店。だけどデート向きのお店ではあるので普通のキレイめな感じ。

一番左に見えるのはイカにガーリックとチーズっぽいなんか詰めてあるもの(適当だなー)
実はコッカリでもイカになんか詰めてあるものを食べた。なのにまたイカっぽいものを頼んだんだけどすごくおいしくて、果てしなく酒が飲めそうでした。真ん中が名物らしいイカスミのパスタっぽいサラダ。
でも暖かいほうがこれきっと美味しいよね?
奥がタルタル。
メインは鶏のコンフィを頼んだ。

サンフランシスコのこの手の超流行り系お店はワインに合わせるべくなのかとにかく塩味が強い(しょっぱい)ことがどうも多いんだけど、オクタヴィアはOK。

3日目夜はAnchor and Hope
過去に記事書いてるので略。
若干飲み過ぎた。というかよく飲んだ3日間だった。楽しかった。

おまけ
おまけも食べ物ネタで今週はとにかく食ってばっかだな。


土曜日の朝ごはんはファーマーズマーケットに行きがてらグリルドチーズサンドイッチを。ガーリックトーストにチーズが挟んであるという超魅惑のメニュー。ワイン飲みたい。

杏仁豆腐と杏仁霜(超長編)

旦那、扁桃腺腫れて嚥下が痛いと。

image

喉痛いのやだよねー。気の毒に。そういや日本から杏仁豆腐セット持ってきたわ、と思い出し、作ってあげた。
杏仁豆腐4日目。杏仁霜が無くなってきたので、アメリカに杏仁霜なんか売ってるわけなかろうとアーモンドパウダー買ってきて作ってる最中に気づいた。

「チャイナタウンあんじゃん」

杏仁霜(あんにんそう)って英語でなんて言うのか調べたら
almond powder
は?アーモンドと杏仁、匂いからしてぜんっぜん違うじゃんアホなんか。Google先生に”almond powder“を聞いても当たり前にアーモンドパウダーしか教えてくれず、悩みに悩んだ結果 “Chinese almond powder” で検索。アメリカに売ってるらしい杏仁霜のパッケージを無事把握。

探しに行った。

image

Chinese New Year(春節/旧正月)直前の週末。通行止めにしてなんかイベントやってるから混んでるんだなー、と思ったら違った。
これ観光客じゃないの。90%ローカル民なのwww この通りはまだ空いてる方で人口密度が年末のアメ横なの。日本の年末年始の買出しと同じで、お肉お魚野菜果物、お菓子、謎の正月食材をこれでもかってくらい買い込んでんの。すごいの。人凄すぎて写真とか撮れないくらいなの(いいわけだけど)
私なんでこんな日にわざわざ杏仁霜だけ探しに来たのアホじゃなかろうか

image

とはいうものの異国情緒溢れててちょっと楽しい。(そもそも私異国にいるんだけど)
このタイミングで杏仁霜探さなければ一生ローカル民向けスーパーとか入らなかったと思うし、例えばどの海鮮乾物屋さん(貝柱とかナマコとかアワビとか)がローカル民向けなのか観光客向けなのかとかよーくわかったし、貝柱だけで20種類近くあるお店とか見つけたし、貝柱おいしそう。貝柱大好き。ビール飲みたい。

じゃなくて、とにかく杏仁霜を探さないといけないんだけど、誰になんて聞けばいいかわかるわけないの。年末、カート禁止令が施行されている混雑しすぎて殺伐とした東急東横の成城石井に紛れ込んだ呑気な観光客が通路のど真ん中で「お菓子作ろうと思ってぇー♡」とか店員さん捕まえて聞いてたらほかのお客さんに冷たい目で見られない?私絶対無理。てか、その前にどのお店入っていいかもわかんないの。貝柱売ってる海鮮乾物屋さんには杏仁霜売ってないってことだけはわかったけど、ついつい貝柱見ちゃう。わー75ドル。超高級貝柱おいしそうー。

この先サンフランシスコ観光に来るかもしれない人に超上から目線でアドバイスしてあげるけど

image

チャイナタウンで一番有名なこのドラゴンゲート入った通り(Grant)なんかぜんっぜんチャイナタウンぽくないの。(この記事の2枚目の写真)ドラゴンゲート近くはどっかの田舎の温泉街みたいなしょぼいお土産物やさんしかないの。なんで人はこういうとこ来ると要らんもん買うんかね。刀とか。
チャイナタウンを味わいたいなら少なくとも、まっすぐ坂を登ってPine、California、sacrament まで行かないとダメで、左に曲がってStocktonっていうおっきい通りに出たら完全になんかチャイナだから。貝柱も売ってるよ。
(詳しくは地図でどうぞ)

image

福袋とか日本だけかと思ってた。ここはリキンキの出店で、見たことない何かも売ってた。買いたかったけど何に使うのかわからないから自粛。

話は戻って途中で「もしかしてお菓子屋さんぽいところにあるかも……」とか思い出し入ってみたら店員さんレジ打ちながらタバコ吸ってんのwww 異国すぎワロタwwwwww
もうなんか、杏仁霜とかどうでもよくなってきちゃって圧倒されっぱなし。中華オバサンの通路ど真ん中に突っ立ってる率って日本のオバサンの10000倍で「すみませーん」とか言っても聞いてない。そもそもチャイナタウンって誰も英語話してないの。もうここどこなんだろほんと。

そうそう、杏仁豆腐ってどうやら台湾の食べ物らしいの。中国じゃないの。サンフランシスコのチャイナタウンは台湾系の人が多いらしいんだけど、(でもドラゴンゲートにかいてある”天下為公”って孫文の中華民族への訓語じゃないっけこれ)
どのお店か台湾系でどのお店が中国系かなんか、漢字みたところでわかるわけないの。
なんか旧漢字のさらに難しいやつが看板に書いてあるような店は台湾系だとか旦那がいうんだけど、大抵が読めない謎の漢字の羅列なの店名が。旧漢字とかそういう問題じゃないの。てか旦那よ、その知識は正しいのか?

もう諦めて春節開けに出直そうと思ったら日本のお菓子が沢山売ってるお店を見つけたので、入ってみたら

image

あったああああああああ
しかも安い。450gで約5ドル。速攻買ってそそくさと帰宅。もうヘトヘト。

image

全部で11ドルちょっと。一番右のは欣葉っていう台湾にあるレストランの商品の模様。

image

image

ただ、一つだけ問題があって、あまりに疲れ果てていたので、買ったお店の名前覚えてないのwwwwww
だからこのブログ記事こんなに長文なのになんの情報価値もないのwwwwwwwww
ほんとにごめんなさいwwwwwww
450gもあったら当分作れるから4月くらいにまた買いに行くときに、お店の名前をみてきますwww

おまけ

image

シンクロ昼寝

中国茶体験。

かいものblogのはずがくいものblog化している気がしないでもない。

image

チャイナタウンへ。
人は何故観光地にいくと、いらんもん買うのか。

image

この台所雑貨屋さん「うちは中国でも日本でもなく「チャイナタウン」だから!」って商品を説明してて面白かった。

image

日本のものも多くてとてもよいお店だったので、後日ゆっくり見に来よっと。

image

お茶やさんへ。

Red Blossom Tea Company
831 Grant Ave
Chinatown
San Francisco, CA 94108
(415) 395-0868

image

(FBより)
ヒラリーさんも立ち寄った中国茶やさんです。

お友達が上海に住んでいた時によく貰ってたお茶がとても美味しかったので、いろいろ試してみることに。

image

1人$40で、中国茶試飲体験が出来ます(要予約)
左側の白いお茶碗が蓋碗(がいわん)という、中国茶を入れる茶器。入れ方の解説はこちらをどうぞ

試してみたいお茶を聞かれますが、知識が無いので店員さんにおまかせしました。

image

1杯目 中国の緑茶。※値段に注目
茶葉の産地についてや、葉の特徴、味についてや、80度より少し温めで入れて、という入れ方の丁寧な説明をしながらお茶を入れてくれます。
私は緑茶は日本のより中国のものの方が好きです。とてもおいしい!

2杯目 烏龍茶

image

こちらは90度くらいで。旦那が
「日本でペットボトルに詰められて売っている烏龍茶、あれはニセモノだ」
と憤慨するくらいおいしかったwww

image

image

3杯目 プーアル茶
「私は美味しいプーアル茶をまだ1度も飲んだことがない」と言ったら選んでくれた。
プーアル茶って、発酵させるのね。長く発酵させたものの方が高級だそうで、こちら10年越えのもの。
ワインのような表現を使って味を表現してた。土とか芝とか。ふ…深い…。
“Oxidation” “fermentation” という単語が要所要所に出てきます。
「飲みこんだあと鼻に抜ける香り」の表現が いろいろある らしく、そもそも「香ばしい」をなんて言うかよくわからずすごく悩んでしまったけど、店員さんが上手く言い当ててくれた。(crispyでいいっぽい)

最後にお願いして、ジャスミン茶を

image

「茶葉(新芽)を春先に収穫して、丸めてジャスミンが開花する夏まで保存、ジャスミンの花が取れたら茶葉の上に敷き詰め、1日1回新しい花と交換して10日間かけて香りを茶葉に染み込ませてつくる」
んだそうで、すっごくおいしい!新芽なので、熱湯で入れても渋みが出ない。おいしい!今まで飲んだジャスミン茶なんだったんだよ!

image

ボキャ貧で「おいしい」以外の単語で美味しさを表現することが出来ないのが残念。

image

image

私はジャスミン茶を、旦那は烏龍茶を選んで、その他せっかくなので蓋碗などの茶器も購入して帰宅。(違う日にまた行って、飲んだのとは違う、緑茶も買った)

image

蓋碗はカワイイの探したい~!

どれもとても美味しく、40ドルでこんな体験が出来るのはとてもお得!観光にはとてもとてももオススメ!!