近況報告、そして悩み

超久々の更新になってしまいました。今作成画面開けたらUIが変わっていて震撼しているw

イヌが急性膵炎になりました。

参考までに再度スペック
12歳8ヶ月。未去勢。軽肥満までいかないけどややぽっちゃり。(34−7kg)
常用薬はリマダイル。飯は生食。牛鶏羊魚等200g、おかゆ100g、犬用の野菜ミックス100g
基礎疾患なし。強いて言うなら股関節に難あり。

・2月25日(土)
朝は一時間位散歩して午後からイヌ洗いセンターへ連れて行き、18時頃回収。
・2月26日(日)
深夜からイヌの様子がおかしく病院(VCAサンフランシスコ)に連れていきましたが関節炎ではないか、一応血液をしましょうと採血して痛み止めを処方され帰宅。
夕方になりやはりイヌの様子がおかしいのでもう一度病院にいきましたが同じことを言われ帰宅。
・2月27日(月)
午後になって検査結果判明。
膵炎の「疑い」で市販のH2ブロッカーを飲ませてください、と。しかし数値は素人目にもおかしいもので(PrecisionPSL通常値20-140/7866)病院に問い合わせましたが「吐いてもいないし下痢もしていないので確定診断ができない。心配なら超音波検査を」と。
20時頃やはり様子がおかしいので病院に連れて行くと、いつもより元気に散歩しだしたので診察を受けず帰宅

・2月28日(火)
朝から元気なく食欲もない。13時頃吐く。
すぐさま病院に連れていき、案の定急性膵炎でそのまま入院。わたしたちは当然強めのトーンでクレーム。不信感でいっぱい。

・3月1日(水)
イヌの状態が改善しているように見えない。

・3月2日(木)
イヌの状態がまったく改善せずわたしたちの不信感は日々募る一方。弁護士案件にすることも辞さないという強い怒りでセカンドオピニオンを聞きにSPCAへ。いろいろ話した結果、もう一度VCAを信頼してイヌに血漿輸血(プラズマトランスフュージョン)を受けさせることに。22時ごろから輸血開始。

不信感は「犬の急性膵炎に対する認識の違い」からはじまったもの。
病院側、というかアメリカは「急性膵炎?12歳?大丈夫、治るよ」という感じ。一方わたしたちは最悪の事態を覚悟。これじゃあ噛み合わないのも無理ない。
SPCAがその溝を埋めてくれました。VCAに何度も電話をして最善策を模索し、2時間近く丁寧に話を聞いてくれました。

・3月3日(金)
イヌの状態が改善しているように見えない。パニック。
カスタマーサービス(受付)の女性が親身に相談に乗ってくれる。
100%白人にしか見えないその女性のおばあさんは日本人で、小さい頃日本に住んでいて、飼っているラブラドールは12歳で膵炎になって今元気というもう神様みたいな人。
・3月4日(土)
朝から一回も鎮痛剤を投与していないのに元気。病院のまわりを元気いっぱいで歩きウンコする。戻っておもむろに飯をガツガツ食い始める…。
退院。膵臓の数値はすぐは改善しないので血液再検査は翌々週。

医療費約8000ドル。
(アメリカで犬猫を飼ったらすぐ必ず保険に入りましょう。
うちは日本から連れてきたので病歴が取得できず、月の掛け金が1500ドルとかおかしなことになるので入れませんでしたが、保険に入っていればたいてい1−2割の負担で済みます。金銭的だけではなく精神的な負担が全く違います)

——————–

自宅加療は不安が残るのでうちから1時間位のところのスペシャリスト(エマージェンシー勤務の動物看護師)のお宅にそのまま連れていきお世話に。
そして私達は日本に帰国。一週間留守。すごく不安。

なぜならそのスペシャリストさんはいつも預かりをお願いしているVCAベイショアの人から紹介され初対面。いくら今の状態がテキストで送られてきても不安。なら置いてくなよ!と突っ込まれそうですが自分で面倒見るのも不安。もういずれにせよ不安。

・3月12日(日)帰国
・3月13日(月)迎えに行く。不安いっぱい。
出てきたイヌを観て驚愕。すげぇ元気。
ちょっと痩せてすっきりして確実に入院前より元気になってる。
プロすげぇ、マジすげぇ。いやマジで。
帰ってきてから飯くれ腹減ったを連発。

——————–

今日、3月15日(水曜)
飯イマイチ食わない。様子おかしい。でも息が荒くない。
15時ごろ膵炎になって初めての下痢。まよったけどセカンドオピニオンの時に「サンフランシスコ市内のエマージェンシー、即日の血液検査はすべてSPCAで実はやってる」と言われたのでSPCAへ。
触診の結果そんなに心配することはない、という結果になって帰宅。
たしかに息が荒くない。診察受けたのは夕方で痛み止めも切れているはずなのに痛そうではない。おなかは壊しているけど他は気になる点があまりない。
でも飯食わない、てか療法食(缶詰)全く食わなくなって何食わせていいかマジわかんない。
無理にでも血液検査したらよかったのかな。

もうどうしていいかわからない心が折れそう←イマココ

——————–

イヌが入院してから膵炎に関するありとあらゆるものを日本語英語片っ端からググってるけど絶食するさせないとかコメ食わす食わさないやっぱ生だ生ダメだとか、当然ながら正解はなく、やっぱりもうしばらくプロのお世話になったほうがいいのかな、とか
鶏だターキーだ牛の赤身だ、骨は食ったほうがいいだダメだ、とか
脂はダメなのは総意だけど、療法食って結構ベトベトしない?ダメってどれくらいダメなのかもよくわからない。

どうしたらいいんだよ…。やっぱ自宅加療は早かったのかな…。
もう一度プロに預けるべきか…と連絡を取りつつ外の空気を吸いに出てなんとなくググったらいままで一回もひっからなかったブログを発見

膵炎~ファニーの経過~
http://funny0103.blog28.fc2.com/blog-entry-154.html

これを読んで少し落ち着いたけど、やっぱ絶食させるべきなのかな…。
こちらの病院は「まずは食欲」「ちょっとでも食わせろ」というのが一般的。
なので食べさせることばかり考えていた。うちだと療法食を食べないけどプロ宅では食べる。
それは足元をみられているせいもあるし、甘えてるせいもあるし、わたしが甘いのもわかっている。つらい。

——————–

今日の投稿にはなんのオチもないんだけど、
今までこんな感情まるだしの投稿とか一回も書いたことなかったのでたまにはいいかなと。
日本で飲んだ日本酒ネタ、最近買ったものネタはまた後日。

ランキングサイトに登録しています。
画像↓クリックよろしくお願いします(・∀・)!
(別ウィンドウが開きます)
1481253186583
ランキングが上がり、この記事を見る人が増え、何か(気休めでも全くかまわない)有益な情報が得られればいいなと思っております。よろしくお願いします。

 

SF RAW(San Francisco Raw Feeders)/犬と生食

※今日の記事は犬ヲタ度100%で若干気持ち悪いです。
※犬飼ってない人にはほとんど役に立ちません。
※筆者はオーガニックとかベジタリアン、ヴィーガンとか全く興味が無いファストフード大好き系の人です。
※アンチワクチンとかそういう左方向の人でもありません。


最近バークレーボウル行ってないのどうしたの?と聞かれることがたまにありますが、バークレーボウルには犬のご飯用のお肉を買いに行っていました。ところが年明けからバークレーボウルの肉だけではなく全体的に品質が低下していて、最近は行かなくなってしまいました。

犬を飼って10年以上になります。
きっかけは忘れてしまいましたが2年目を過ぎた頃から犬のご飯をなんとなく手作りに切り替えました。特に何か疾患があったり健康のためだったりということは全く無く、本当になんとなくでした。
幸運なことに、わたしたちが毎日通っていた東京都心の大きな公園には犬を飼うことのセミプロ、ベテラン、究極の犬ヲタが勢揃いしていて日々の井戸端会議の中に様々な愛犬健康情報が飛び交っておりました。その究極の犬ヲタのなかでも超犬ヲタのおばさまに手作りごはんに切り替えた話をすると

「手羽先いいわよ」「冷凍したままの手羽先あげなさいよいいわよ」
えええ何を言っているの?鶏の骨は喉に刺さるから危ないのでは??
「だから生のままカチカチに冷凍した状態であげるのよ」


これが私(うちの犬)と生食の出会いです。当時は生食という言葉も知りませんでした。
その日からお腹を壊している時以外は毎日必ず手羽先を食べさせています。高いものでもなんでもないそこらへんのスーパー(正確に言うとここ)のもの。
手羽先が大丈夫なら、ひき肉生であげればいいや、とご飯のお肉は生の鶏ひき肉を。

(話がそれますが、この超犬ヲタおばさまは本当にすごい。彼女だけではありませんが何頭も犬を飼育している人の経験談というのは本当に強い。
自分の犬が若い時に老犬の健康管理の話を聞いておいて本当に良かったと思っています。10年近く前に井戸端会議で聞いた様々な話が今これほど役に立つとは思ってもみませんでした。なのでもしも今この記事をたまたま目にした若い犬の飼い主さんは、お友達やお散歩でよく会う老犬飼い主さんにその健康管理を聞いておくことを強く推奨します。

サンフランシスコに引っ越してきて一番困ったのは手羽先の調達でした。
アメリカですからお肉は安くていくらでも手に入るのですが、問題はその品質。
オーガニックやらフリーレンジやら抗生物質使用云々は本当にどうでもよくて(よくないけど)一番の問題は鮮度でした。解凍時のドリップ出まくり、なんとなく臭う、みたいなお肉が多い。それを生であげるのはちょっと…。そもそもサルモネラのリスクを抱えつつ生であげてんのに何言ってんだお前という感じはしますが、日本との品質の差に愕然とする日々。
そもそも食習慣が違うのでレバーを探すことすら四苦八苦。

探しに探して妥協できたのがバークレーボウルだったのです。ところがその最後の砦もなんかイマイチになり完全に肉難民。犬も食後の楽しみがなくなり超不満。
今まで生肉あげてるから栄養価とか全く考えずに手作りごはんを食べさせていたのに急に栄養のことが気になり(年寄りだから)病院にかかることも増え、

昨日ようやくググりました。生食を、英語で。


おせーよ。

>「BARF」という言葉を聞いたことがある人は多いと思う。1993年にオーストラリアのビリンガースト獣医師が著書「Give Your Dog a Bone」で発表した犬の生肉食給餌法は、その後カナダ人のデビー・トリップにより「Bones And Raw Food(BARF:骨と生食)」と名付けられ世に知れ渡った。
http://www.dogactually.net/blog/2009/06/pro-barf1-6a12.html


へー。BARFっていうのか。
そこで ”BARF San Francisco meat” でググって出てきた画像がこれ。

これは!誰がどう見ても新鮮ないい鶏肉!

てかよく考えたらここはサンフランシスコ。こんな健康志向ベジタリアンヴィーガンオーガニックサスティナブル大好き都市で犬の生食ないわけない…アホなのか私。
SFRAW (San Francisco Raw Feeders)
250 Napoleon St
Unit G
San Francisco, CA 94124
(415) 225-0589
http://sfraw.com/


骨ごとミンチにされた様々な種類の肉がアイスクリームの容器状のものに入れられ販売されているだけではなく、アメリカではほぼ見かけないような捨てられてしまう部位、でも犬にはとても良い部位、私がお夕飯用に飼って帰ろうかと思うような普通の肉(商品はすべてヒューマングレード)ここで加工されたおやつ、などなどどれを見ても文句のつけようがないものばかり。
オーナーが店頭に立っていてすべて説明して冷蔵庫冷凍庫を案内してくれます。
火・木曜日が肉の仕入れ日で、水・金曜に加工したての商品が並ぶ模様。


鶏まるごとミンチと、鮭まるごとミンチ、鶏の背中の骨、ラムの背中の骨、おやつ2種を買って帰宅。
お店には犬も入れます。生まれて初めて「おにくやさん」に入れただけではなく、おやつをいっぱい試食させてもらって大満足。

うっとり。

——————–

話は前後しますが、私は前述のとおり健康のために犬に生肉を食べさせはじめたのではないため、ドッグフードが悪だとは全く思っていません。
東京のアンチドッグフードの獣医さん(但し腕は本当に素晴らしい天才)が「カップヌードルやカロリーメイトだけでお子さんは育ちますか!?あなたが今犬に食べさせているのはそういうものなのですよ!」と他の患者さんに待合室まで聞こえるよう大声でお説教しているのを聞いて

「でもカップヌードルとかカロリーメイトってたまに食うとめちゃ旨いよね…」


と違う方向に納得したので、ファストフードに該当するような缶詰なんかも日本にいる時はあげていました。一番大切なことは人間と同じ「なんでも食べること」で、これができないと病気で療養食しか食べることができなくなった場合や、災害等で避難が必要な時に絶対に苦労します。
食べることと健康というのはいうまでもなく大いに関係がありますが、手間暇コストをかけて生食に傾倒していても病気になる子はなるし、スーパーの特売で買ってきた国産ドックフードを食べて長生きする子は長生きするのです。

犬の食事に正解はありません。


うちの犬が今まで大きな病気をしないのもせいぜいお腹壊す程度でしか病院のお世話にならなくて済んでいるのも食事のせいではなくただの運。強運。食事の内容は飼い主の自己満足に近いと私は考えています。
ですがその自己満足が先々「あの時にああしておけばよかった」という後悔を予防することになる「かも」しれないと思いながら犬の食事を今日も作っています。