Amazon Dashに飽きないで!

今回は旦那が記事を担当します。

——————–

先週日本に出張し、仕事関係者がAmazon Dashボタンを試しているのを見てきました。システム関係では割と話題になっているようで。

ご存知の通り、アメリカ版のAmazon Dashボタンは2015年春に発表されその後どんどん種類を増やしております。また単純な発注用ボタン以外にも補充発注用のReplenishmentボタンも同時期に発表されております。まもなく満2歳です。
更にAmazonはDashボタンを汎用化させた「Amazon IoTボタン」も発売しています。こちらはプログラムを記述することで「ボタン一発でなにかする」仕組みを構築できるみんな大好きIoT(Internet of Things)です。


Amazonというと多くの人は「オンライン物販の会社」と思われるかもしれませんが、実は収益の大黒柱は「クラウドを軸としたシステム事業」です。11月下旬にラスベガスで開催されたカンファレンス”Amazon re:Invent“には世界各国から24000人が参加し、日本からも600人以上が来ていました。参加者数からもわかるようにAmazonのクラウドシステムは世界中で活用されています。
これを語りだすと長くなるのでまた改めて。

(カンファレンスのおみやげで配布されたAmazon Echo Dot)

今回はそのAmazonのシステム事業の一環という視点からAmazon Dashボタンについて解説したいと思います。
日本でサービス開始が遅れたのは協賛企業を説得するのに手間取ったのかはたまた技適マークを取るのに手間取ったのか。外野からはわかりませんが米国在住組からすると「ちょっと遅いよね」と思った次第であります。

そのDashボタン、巨大流通業Amazonからすると売り上げ貢献率は微々たるものです。
すこし古い数字ですが、2016年6月に公開されたFortuneオンラインに売り上げを推定できるヒントが載ってます。
Amazon Touts Dash Numbers, Adds Brands Amid Questions On Usage
http://fortune.com/2016/06/28/amazon-dash-new-brands/)

The company now says it gets two orders per minute through the buttons—or 2,880 daily—compared to once a minute in March, or 1,440 daily.
Amazonによれば、Dashボタン経由の注文は毎分二件すなわち「一日あたり2880件」で、これは…

Dashボタンで注文できる商品は様々ですが、1つ30ドルとしても1日あたり8万ドル強の売り上げにしかなりません。Amazonの売り上げは年間1000億ドル程度ですから、Dashボタンは売り上げの0.3%程度しか貢献していないことになります。アメリカも日本同様超低金利が続いていますがそれでも銀行預金の利息は0.9%つきます。
なぜAmazonは銀行預金以下のパフォーマンスしかでないAmazon Dashボタンを「押して(推して)」いるのでしょうか?

img_3592
(画像転載元はこちら

これも米国では語られ尽くされた話ではありますが、Amazonは「各世帯に合わせた定期発注の最適化」を狙っているのです。
米国では”Amazon Subscribe&Save”、日本の「Amazon定期お得便の最適化」です。

米国では定期配送を選択することで5%から15%程度お得になります。ただし配送頻度は現時点では「月末のみ」ですから使い勝手はイマイチ。
例えば我が家ではLaundressの洗剤をSubscribe & Saveで定期発注していますが、月末にきっちり洗剤を使い切るということはまずありません。大抵は半月〜3週間程度で使い切りますからそれ以外でオンライン補充発注する必要があります。面倒。

一方、Dashボタンを使えば「特定のブランド」で「特定サイズ」の商品がどの程度の頻度で消費されるかをAmazonは知ることができます。これはとても貴重なデータです。
通常のオンライン発注では多数の商品をまとめて買いますから単品がどれくらいの速度で消費されるのかはわかりません。その人は「洗剤を買うついでにトイレットペーパーを買ったのか」それとも「トイレットペーパーを買うついでに洗剤を買ったのか」わからないのです。Amazon Dashボタンなら「この人はいつ、何が欲しかったのか」をピンポイントでつかめます。ここ大事ですよテストに出ますよそこの取締役のみなさん!

こうして全体からすれば微々たる量ではありますが、特定ブランドの特定商品の購買頻度データを蓄積していくことで、Amazonのデータサイエンティスト達は「購買パターンに応じた定期発注最適化」を実現する機械学習システムを構築してくることでしょう。

オンラインで洗濯用洗剤を検索すると
「この洗剤は毎月末に配送することで5%値引き。そしてお宅は柔軟剤を2ヶ月で使い切るでしょうから柔軟剤を隔月で配送することでさらに2%引きましょう。」
「なんなら台所用洗剤も隔月で配送する?さらに1%引きまっせ!」
みたいな感じで我が家にぴったりな定期便を提案してくる…などという世界がもうすぐそこまで来ているはずです。

ということでそこのAmazon Dashボタンを買ったけどもう飽きたという貴方! 飽きないでもう少し、未来のためにAmazon Dashボタンを使ってあげましょうよ。

Amazon Dashに飽きないで!

おまけ: 日本ではまだ販売されてないAmazon Echoや先日のカンファレンスのおみやげとして配布されたAmazon Echo Dot。
謎の煙突もしくは文鎮みたいなこのデバイスは音声認識機能を搭載しています。


(画像引用元はこちら

そして「Alexa, Order Smart Water」と語ってあげると!なんと!音声認識でSmart Water 6本入りが発注できてしまうのです!こちらも同様、特定商品の消費頻度を推定するために活用されていると思われます。

——————–

お断り:本記事は筆者旦那個人の見解であり所属する組織団体の意見を代弁するものではありません。

——————–

ブログ書きはじめて1年経ったので、ランキングサイトに登録してみました。
おかげさまでカリフォルニア州カテゴリのランキング上位に入っています。
ありがとうございます!
画像↓クリックお願いします!
1481253186583

Sequoia sake(セコイヤサケ)

りんたろうに初めて行った時「サンフランシスコで作ってるお酒」をすすめられ、飲んでその美味しさにびっくりした酒

sequoia sake
http://www.sequoiasake.com/

念願かなって見学に行くことが出来ました。はじさんありがとうございます!

※画像、参加者の皆さんのお顔を適当に消してあります。あまりの適当さに心が痛みますが消さないわけにいかないしごめんなさい。

image

思っていたよりずっと小さなウエアハウス(倉庫)で作られているお酒。ラインナップは↑の画像の”生” “原酒” “にごり”の三種類。近々大吟醸の醸造をはじめるそう。楽しみ。

image

image

醸造過程の解説を聞き

image

醸造中のお酒も見せていただいた。
このタンク一つで700本ぶんしか作れなく(×2)瓶詰め、ラベリング作業は手作業。なのに年間出荷量50000本!すごい!

で、細かい醸造話はあちこちのベイエリア著名ブログ様が記事にしてくれていると予想されますので後日そのリンクを探して貼ります。THE 他力本願!
わたしは気になったこと、おもしろかったこと、思ったことなどを。

————–

・醸造過程の説明は英語の方がわかりやすい。

英語の方が非常にシンプル。パワポ×オーナー兼杜氏のジェイクさんの説明がTEDばりに上手いというのはもちろんそうなのですが、用語自体がわかりやすい気がしました。
(参考: https://www.japansake.or.jp/sake/know/what/03.html )
日本酒知識が無いどころか、日本酒というものを知らない人に対して如何に簡単にわかりやすく説明するかというのは非常に大切なことではないかと。
余談ですがジェイクさんは阪大でグラフィックデザインを学んでいたそうでパワポまじわかりやすかったwww

image

精米歩合の説明も日本にいた時は何度説明されてもふーん、くらいに聞き流していたのですが、英語×パワポだとすんなり入る不思議。日本酒褒めてんだかパワポ褒めてんだかわかんなくなってきたので次。

・生酒にこだわる理由を聞いた
自分が好きだから!(笑)
もう一つは生酒(unpasteurized)の日本からの輸入が出来ない(難しい)ため流通量が少ないから。生酒ダメなんか!

・仕込み水はなんと!サンフランシスコの水道水!
サンフランシスコ市の水道水の水源はヨセミテなどの雪解け水。なのでイメージ的にはおいしそうですが、まさかそのまま使えるレベルとは!(もちろん専門機関で分析済)
但し鉄分、マンガンなどは徹底的に濾過。床掃除以外道具の洗浄、手洗いなどもすべて濾過水で行うそうです。

(余談ですがわたしは日本の友達などに「アメリカではお米炊く時どうしているんですか?」「髪バサバサになりません?」などと聞かれる度に何言ってんだ?と謎でしかたなかったのですが、サンノゼなどは硬水なんですねー。知りませんでした。各家庭にろ過装置が設置されていたりするようです。参考:ウォーター・ソフナーのメンテ。 )

・酒造りをビジネスにしようと思ったきっかけを聞いた。

「日本酒が好きで飲みたかった」というこれ以上ないシンプルな回答が返ってきてわろたwww
ただ、日本酒を作る→販売する、には様々な免許(ライセンス)の取得が必要。カリフォルニア州の場合はワイン醸造免許×ビール製造免許両方が必要。販売はまた別。大変。

・一番苦労していることを聞いたら酒造りそのものではなかった

出荷後各飲食店での品質管理。必ず冷蔵庫に入れてくださいと伝えても常温放置されることがある。にごり酒も当初火入れなしで販売していたが夏場に(常温保存で)品質が大きく変化してしまったことがあり、現在は火入れして販売。難しいね。

・一番売れているのはにごり酒。
アメリカではにごり酒がウケるらしい。にごり酒無いのかと問い合わせ受けることが多いのでラインナップに加えた。
飲んでみると軽い。ふわふわした軽さ。日本酒好き(甘辛問わず)にはちょっと物足りない感じ。これがアメリカでウケる標準的な味なんだなぁと思うといろいろ思うところはあった。

・ラベル
「日本酒に興味はあるが名前が覚えられない」「漢字がむつかしくて読めない」「名前自体を発音出来ない」という意見を多く聞きわかりやすい名前とラベルに。確かに読め(発音でき)ないの多いだろね……

image

最後に突如チョコレートムースが登場!何事かと思ったら酒粕を使ったチョコレートムース!
酒粕の販売にはまた別の免許がいるため残念ながら小売はしていないんだけど、このチョコレートムースが美味!お酒にめちゃくちゃ合う!セコイヤ生を飲みながら食べるとより一層お酒の香り、風味がふぁーっと引き立つ!わたし甘いものがあまり得意ではないにも関わらずこのチョコレートムースはおかわりしてしまった!

セコイヤサケ、サンフランシスコ観光屈指の面白さ。必ずまた行きたい。

image

松尾大社の神様が神棚に。

———————
わたしが知らないだけかもしれないけど、サンフランシスコ界隈(ほかの地域を知らないのでこのあたりだけにしましたが)では兵庫京都以外の西日本のお酒がどうも弱いのと、何故か日本で全くメジャーじゃない(玄人ウケ的にも)お酒がやたら出回ってたりで少しさみしい。

セコイヤのにごり酒を飲んでこの酒がウケるならあの酒も!ラベルの漢字が難しい字が読めないという話を聞いてだったらあの酒もこの酒も!と次々と脳裏をよぎる愛すべき酒瓶たち。いつの日かサンフランシスコをはじめ全米でその、あの酒この酒が当たり前に飲め正当に評価される日が来る日を願ってやまない、と共にセコイヤサケが日本で飲める日がくるといいな。

日本でセコイヤを、サンフランシスコであの酒この酒を広められる機会がいつか来ますように。