最近驚いたこと3つ。

イースターホリデー🐰で3連休です。
ヨーロッパは明日もお休みらしい。

image

セントパトリックスdayの時飲んだギネスのIPAが新製品らしく店頭で発見、なんで缶しかないのかな?と思ったけど飲みたいし買ってきた。
https://www.guinness.com/en-us/our-beers/guinness-nitro-ipa/
缶のまま飲み、飲み終わるとビー玉みたいなプラスチックの玉が入ってることに気づいた。なんぞこれ?

フローティングウィジェットという名前の玉らしい。
http://clubguinness.jp/june/edm/
(友達が教えてくれた。ありがとう!)

おゆうはんの時に実験。世界発信するのはどうかと思う生活感にあふれる画像ですがあまりに感激したので載せましょう。
超どうでもいいけど、テーブルランナーは自由が丘デパートの中の謎の絨毯屋で買いました。1000円だった。サイズもちょうど良くてとてもとても気に入っていて買い増ししたいんだけど行く機会が……。

image

泡ふっわふわ!味も全然違う!
私より旦那の方がうまく注いでいました。

image

飲み終わりの泡がグラスにまとわりつくのです。これはすごい。味もよいのでビールはとうぶんこれしか飲みたくないかも。
余談ですがおゆうはんは中華丼でした。自分で取ってごはんにかける式。

image

具は豚バラ肉、白菜、たまねぎ、にんじん、小松菜、ヤングコーン、きくらげ、うずら。

image

木耳
Google翻訳も驚きの直訳。

image

うずらのたまごってあんまり買ったことなかったけどこれを味玉にしたいなぁ。おいしかった。

次。
Safewayでおはなをかった。これで18ドル。しあわせ度高い。

image

image

えええ保証がついている!レシート持っていくと返金してくれる模様。すごーい!と思っていたけど鮮度がいいのかなんなのか勢いよく咲き始め、枯れる前に花びらが散る気がする……(今日3日目)

image

「切花鮮度保持剤」の英語がわからずさんざんググったら”flower food”っていうのね。これはAmazonで購入。約5ドル。これ入れてるから勢いよく咲くのか日当たりなのか。

※日本で使ってた商品を調べたら普通にフラワーフードって書いてあった……。
http://eshop.aoyamaflowermarket.com/m/index.php5?a=item&m=detail&cd=510006

次。
こないだ麺匠でラーメンたべてめちゃびっくりしたんだけど

image

ほうれん草に見えるコレ、ケールらしい。
海苔の味がした。
ええええええ!ケールって毎朝旦那が意識高くグリーンスムージーに使ってて、ジューサー片付ける時に匂いでオエオエ(‐д`‐ll)してるくらい嫌なのに……。
まずかったらと思うと怖くて実証実験が出来ない。
バークレーボウルでチラ見したらケールには何種類かあって、これはグリーンカールとかいう種類の模様。1枚が大きくて厚手でしっかりしたはっぱのものと、葉が薄くてはしっこがチリチリなものとあって、後者がグリーンカール。

おまけ

image

サンダル買いに行くのにつきあってもらった。お店なら種類問わず何でも好きで入れるのがうれしくて仕方がない。日本だと入れるところが珍しかったからね。

と、いうわけで。

買ってきたお弁当箱 でお弁当をつくってみました。ゼーゼー。

image

厚焼き玉子若干焼きすぎたため内側に線がついているのはまぁ愛嬌ってことで……。

サバ塩焼き、厚焼き玉子、さつまいものレモン煮、菜の花の雲丹醤油和え、きんぴらごぼう、酢ばす、白米、ゆかり、梅干し。
サンフランシスコ在住とは思えない和食弁当。

こんなの毎日やってんのね世のおかあさん達は。すごい。がんばれおかあさんたち!

※雲丹醤油はこないだお友達におしえてもらった。http://www.yamami.net/smp/item/410430.html おいしいねこれ。びっくり。

image

のこりをもう片方のお弁当箱に詰めてお昼に屋上で食べた。おいしかった。
ちなみに今(16時半少し前)22度。あちぃ。食べたあと久々に日に焼いたー。しあわせ。

杏仁豆腐と杏仁霜(超長編)

旦那、扁桃腺腫れて嚥下が痛いと。

image

喉痛いのやだよねー。気の毒に。そういや日本から杏仁豆腐セット持ってきたわ、と思い出し、作ってあげた。
杏仁豆腐4日目。杏仁霜が無くなってきたので、アメリカに杏仁霜なんか売ってるわけなかろうとアーモンドパウダー買ってきて作ってる最中に気づいた。

「チャイナタウンあんじゃん」

杏仁霜(あんにんそう)って英語でなんて言うのか調べたら
almond powder
は?アーモンドと杏仁、匂いからしてぜんっぜん違うじゃんアホなんか。Google先生に”almond powder“を聞いても当たり前にアーモンドパウダーしか教えてくれず、悩みに悩んだ結果 “Chinese almond powder” で検索。アメリカに売ってるらしい杏仁霜のパッケージを無事把握。

探しに行った。

image

Chinese New Year(春節/旧正月)直前の週末。通行止めにしてなんかイベントやってるから混んでるんだなー、と思ったら違った。
これ観光客じゃないの。90%ローカル民なのwww この通りはまだ空いてる方で人口密度が年末のアメ横なの。日本の年末年始の買出しと同じで、お肉お魚野菜果物、お菓子、謎の正月食材をこれでもかってくらい買い込んでんの。すごいの。人凄すぎて写真とか撮れないくらいなの(いいわけだけど)
私なんでこんな日にわざわざ杏仁霜だけ探しに来たのアホじゃなかろうか

image

とはいうものの異国情緒溢れててちょっと楽しい。(そもそも私異国にいるんだけど)
このタイミングで杏仁霜探さなければ一生ローカル民向けスーパーとか入らなかったと思うし、例えばどの海鮮乾物屋さん(貝柱とかナマコとかアワビとか)がローカル民向けなのか観光客向けなのかとかよーくわかったし、貝柱だけで20種類近くあるお店とか見つけたし、貝柱おいしそう。貝柱大好き。ビール飲みたい。

じゃなくて、とにかく杏仁霜を探さないといけないんだけど、誰になんて聞けばいいかわかるわけないの。年末、カート禁止令が施行されている混雑しすぎて殺伐とした東急東横の成城石井に紛れ込んだ呑気な観光客が通路のど真ん中で「お菓子作ろうと思ってぇー♡」とか店員さん捕まえて聞いてたらほかのお客さんに冷たい目で見られない?私絶対無理。てか、その前にどのお店入っていいかもわかんないの。貝柱売ってる海鮮乾物屋さんには杏仁霜売ってないってことだけはわかったけど、ついつい貝柱見ちゃう。わー75ドル。超高級貝柱おいしそうー。

この先サンフランシスコ観光に来るかもしれない人に超上から目線でアドバイスしてあげるけど

image

チャイナタウンで一番有名なこのドラゴンゲート入った通り(Grant)なんかぜんっぜんチャイナタウンぽくないの。(この記事の2枚目の写真)ドラゴンゲート近くはどっかの田舎の温泉街みたいなしょぼいお土産物やさんしかないの。なんで人はこういうとこ来ると要らんもん買うんかね。刀とか。
チャイナタウンを味わいたいなら少なくとも、まっすぐ坂を登ってPine、California、sacrament まで行かないとダメで、左に曲がってStocktonっていうおっきい通りに出たら完全になんかチャイナだから。貝柱も売ってるよ。
(詳しくは地図でどうぞ)

image

福袋とか日本だけかと思ってた。ここはリキンキの出店で、見たことない何かも売ってた。買いたかったけど何に使うのかわからないから自粛。

話は戻って途中で「もしかしてお菓子屋さんぽいところにあるかも……」とか思い出し入ってみたら店員さんレジ打ちながらタバコ吸ってんのwww 異国すぎワロタwwwwww
もうなんか、杏仁霜とかどうでもよくなってきちゃって圧倒されっぱなし。中華オバサンの通路ど真ん中に突っ立ってる率って日本のオバサンの10000倍で「すみませーん」とか言っても聞いてない。そもそもチャイナタウンって誰も英語話してないの。もうここどこなんだろほんと。

そうそう、杏仁豆腐ってどうやら台湾の食べ物らしいの。中国じゃないの。サンフランシスコのチャイナタウンは台湾系の人が多いらしいんだけど、(でもドラゴンゲートにかいてある”天下為公”って孫文の中華民族への訓語じゃないっけこれ)
どのお店か台湾系でどのお店が中国系かなんか、漢字みたところでわかるわけないの。
なんか旧漢字のさらに難しいやつが看板に書いてあるような店は台湾系だとか旦那がいうんだけど、大抵が読めない謎の漢字の羅列なの店名が。旧漢字とかそういう問題じゃないの。てか旦那よ、その知識は正しいのか?

もう諦めて春節開けに出直そうと思ったら日本のお菓子が沢山売ってるお店を見つけたので、入ってみたら

image

あったああああああああ
しかも安い。450gで約5ドル。速攻買ってそそくさと帰宅。もうヘトヘト。

image

全部で11ドルちょっと。一番右のは欣葉っていう台湾にあるレストランの商品の模様。

image

image

ただ、一つだけ問題があって、あまりに疲れ果てていたので、買ったお店の名前覚えてないのwwwwww
だからこのブログ記事こんなに長文なのになんの情報価値もないのwwwwwwwww
ほんとにごめんなさいwwwwwww
450gもあったら当分作れるから4月くらいにまた買いに行くときに、お店の名前をみてきますwww

おまけ

image

シンクロ昼寝

2015年から2016年へ。(長編)

アメリカは年末感が全くと言っていいほどなく……

image

日本時間31日、旦那が留守で留守番をしていた私は、1人カップヌードルを食べていました。ちなみに、カップヌードル超大好きで引越しの時大量に持参。
その後日本のテレビを視聴できるサービスで紅白を見て、郷ひろみで盛り上がりながらひとりしみじみしておりました。おっくせんまんっ!

翌日、こちらの31日、日本のお友達は2016年を生きているのに私はまだ2015年で世界はなんて広いんだ!と思いながら
image
数の子と子持ち昆布の塩抜きを開始。
日本のお友達から「2016年で待ってます!」というメッセージがきた。素敵なこと言うなー。待ってて!

年越し蕎麦も一応用意していましたが、大量の荷物と共に無事帰宅した旦那とご飯を食べに行くことに。
生まれて初めて、紅白もゆく年くる年もない年越し。
image
B44
http://www.b44sf.com/
44 Belden Pl
Financial District
San Francisco, CA 94104
(415) 986-6287

そして2016年は
image
花火と共に迎えました!
すっごいキレイ!はなやか!

年越しはアメリカの方がいいかも!楽しい!

さて新年。
image

食事って大事だなーと新年早々改めて思ったのですが

image

おせちをあけたら一気にお正月の雰囲気になった!すごい!

image

旦那が日本にわざわざ取りに行ってきてくれました。超感謝。感謝してもしきれない。おせち偉大。

image

しかも、今年のはバチコついてる!うれしい!酒呑みにはたまらない!すごい!

image

ちゃんとお雑煮も作りました。
お雑煮、地域差がでるね。
うちは「四角」で「焼く」派で、今年はなんとなく丸餅にしたんだけど、丸餅の方が食べやすくていいね。実用的www

2015年はいうまでもなくビザ取得→サンフランシスコに引越し、という人生における重大イベントで、振り返っても他になんにも思い出せないくらいのインパクト。いや覚えてるけど、もうほかの事がどうでもよくなっちゃうくらいのインパクト。
今年は、一生できる趣味、になるような事をはじめようかと思っております。

今年もよろしくお願いしまーす
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

てか、疲れてたのか昨日の夕方から突如体調が悪くなり、膀胱炎×風邪で、風邪はともかく膀胱炎には嫌な思い出しかないのでとっとと病院行きたいから早く月曜日になってほしい(。´-д-)ゲホゲホ

ローストポーク。

村井さんちのぎゅうぎゅう焼き を作ってから日も浅いですが、オーブンつっこんで終わり、という楽さにズボラ主婦の私はすっかりハマり

image

ローストポークを作ることにしました。

ちなみにこちらのお肉のお値段は

image

1.2㌔で16ドルちょっと。豚肉はほんとに安い。

今回はさんざんレシピを検索した結果
120℃かんたんロースト が良さそう(楽そう)なので、これにしました。米国食肉輸出連合会
のレシピ、ここはアメリカ、肉はアメリカンポークだし。

1.肉を常温に戻しつつ、塩コショウをたっぷりとすりこみ、ぴったりとラップを巻く。
2.1時間くらいしたら、120度に余熱したオーブンで焼く。

おわり。
なんて簡単なんだ。大丈夫か?

image

ちょっと不安。

ところで、うちのオーブンにはなんかいろんなことが書いてありまして。

image

使い方(選択)がいまいちわからない。
ロースト、ベイク、ブロイル、の違いもわからないので調べました。
これが一番わかりやすかった あとは ブロイルとベイクの違い
へー。

というわけで、ローストを選んで1時間じっくり焼きました。にんにくは薄皮ごと。エレファントガーリックという、こぶりの玉ねぎくらい大きいにんにくが売ってたのでそれを使ったのですが 厳密に言うとにんにくではない のね。知らなかった。

image

できあがりー!
すっごくおいしそううううう!そして実際おいしかった!中までしっかり火が通っていて、でも、おにくはほんのりピンクいろ。けど、2人で1.2キロはちょっと多かった…。友達から「残りはサンドイッチにしたら?」というアドバイスを頂戴したのでそうしました。

おまけ

image

Grace Cathedral
1100 California St
Nob Hill
San Francisco, CA 94108
(415) 749-6300

隣にある小さいけど芝生のある公園がとってもよい!いついっても犬がいて、みんなとってもフレンドリー(飼い主さんも)!
引っ越してきて3ヵ月、ようやくうちの犬にお友達ができそうですー!うれしいー!
欠点は坂道がすっごいこと。犬は日本にいた時が信じられないくらいキビキビ登りますが、飼い主(私)はぐったりです…

image

村井さんちのぎゅうぎゅう焼き。

Twitterで話題の「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」がとうとう になったそうで速攻購入。Kindle版を買いましたがこれは紙で読みたいなぁ。

というわけで、作ってみた。

image

・鶏胸肉、白ワイン、塩コショウ、ガーリック、レモン薄切りをジップロックに入れてよく揉んで30-40分くらい放置したもの
•レンジで3分くらいチンした小さいじゃがいも
•彩りにアスパラ
以上をぎゅうぎゅうに詰め、オリーブオイルを回しかけ、バターを散らして200度のオーブンで30分。

image

お、おいしそう!!!(自画自賛)

今日はもともとクックパッドに掲載されている キャベツと鶏胸肉炒め♪レモンバターソース を作ろうと思っていたのでオリーブオイル少なめでバターを散らして、別のお皿でキャベツも焼き、それも一緒に食べたんだけど超おいしい!(食べる時にほんの少しおしょうゆをたらす)
白いご飯にもよくあうし、ビールにもワインにもあう!すばらしい!村井さんすごい!

おまけ

image

暗くなるのがどんどん早くなってきた。

ローストターキーへの道2015(長編大作)

Happy Thanksgiving!!

アメリカは感謝祭の休暇でお休み。今日(26日木曜日)は殆どのお店が休み。日本の年末年始の雰囲気にとても似てる。

明日はブラックフライデーで、それこそ日本の初売り福袋状態で安売り目玉商品の目白押し。クリスマス商戦スタート。
早いお店は今日の夕方から開けます。さっき外行ったら買い物袋持ってる人がいっぱい。

と、こんなのはWikipediaでも読めばよい。

image

今年もこのエプロンを装着する日が来た。

サンクスギビングといえばローストターキー、ターキーといえばサンクスギビング。

私は某界隈で「コールドターキーサンド死ね」とターキーがさんざんdisられているのを見ていたので、ターキーってまずいものだと思っていたのですが、一昨年初めて焼いてみたら旨いじゃん!騙された!

なので、わりとやる気満々です。

ローストターキーへの道、それはサンクスギビングの直前の週末までにターキーを入手するところからはじまる。

image

なぜ週末までに、かというと、カチンコチンに凍っていて、溶かすのに丸一日以上かかるためと、手頃なサイズ(10パウンド以下)のものからどんどん売れていくから。
これは何を見ても(ググっても)書いてある。

image

9.94lbs(4.5kg)のものを購入。あまり小さすぎても美味しくないらしい。

その他にいろいろ。

image

うしろはブラインと言って塩水(下味のようなもの)に漬け込む用の袋。大きいジップロックみたいなかんじ。
左からブライン塩、ターキーシーズニング(Williams Sonoma で購入。塩はアップルシナモン味と画像のガーリックローズマリー味の2種。あちこちにいろんなものが売ってます。)足を結く糸。

画像はないけど他に必要なものは
大きいスポイト(ターキー用のものが売ってる。肉汁を吸ってかけながら焼く)
温度計(刺して75-85度以下は食中毒の恐れがあるので大事)
焼く用の皿。これも専用のが売ってる。使い捨てもある。

・下準備1日目
朝起きたら速やかにお肉の解凍をはじめる。

ブライン塩を煮溶かす

image

4リットルの水で煮溶かす。冷ましてからターキー漬け込まないと衛生上危険。

image

ローズマリー臭がすさまじくてとても不安。
(アップルシナモンの方は2回使ったけど、こちらは初めて)
とても食べ物に使う何かには見えない……大丈夫かこれ……

・下準備2日目

image

ターキーを洗う。お腹の中、脇の下全体的にまんべんなく洗いましょう。
お腹の中には

image

ネック、レバーなどが入ってます。しっぽの部分も入ってた(つながってんのもある)

これイマイチ使い道がわからないんだけど、スープ取るといいよ!って言われました。
レバーは犬ご飯用に。

買ってきたブライン塩だけじゃ手抜き感たっぷりなので、工夫を。

image

日本に住んでいた時、近所の人にすっごいおいしいスペアリブを教えてもらい、よく作っていたので、それをアレンジしています。

たまねぎ、ねぎ、セロリ、にんにく、りんご、レモン、ライム、ハーブ各種(セージ、タイム、マジョラムを使用。マジョラムめちゃいいにおいだった)
ブライン塩のレシピは水6Lなんだけど、白ワイン1本、みりん250ml、酢150ml、醤油50ml、を入れるのでその分1Lちょっと減らしてます。

そこにターキーを漬け込む。

image

最早なんだかよくわからない……。

これを丸一日寝かせます。

image

冷蔵庫だと重くて上げ下げも大変だし、今年はクーラーボックスにしました。こっちの方が楽。(まんべんなく浸かるように動かすから)氷は朝まで全然溶けなかった。

image

・下準備3日目(サンクスギビング当日)
焼く1時間位前までにブライン液から出して常温に戻す。

image

常温に戻してる間にお腹にハーブとレモンなどを詰め込んで
(スタッフィングを詰めるのが一般的だけど、あれが脂をどんどん吸ってパサパサターキーの要因になるのでハーブだけ)

image

足をゆわく。結く結かないじゃ見た目が全然違うので手を抜いてはいけません。
手羽先部分はひねって胸の下に入れないと見た目が良くないので注意!
おなかは爪楊枝とかでうまく閉じる。

・いよいよ本番

image

ターキーシーズニング、使うのやめようかと思ったけど開けたらいい匂いがしたので全体に塗る。(皮と肉の間に隙間を作り、そこにすり込む、ってかいてあった)

350度(170度前後)で4時間位焼いて完成です。

image

焦げないようにしばらくしたらアルミホイルかぶせるのですが

image

だったらこれ使えばいいんじゃない?と思って買ってきた。余談だけどこれAmazonだと50ドル近いのにtargetでは27ドルだった。なぜ?

蒸し焼き効果か、予想外に早く焼けた。
じゃーん!

image

焼けたかどうかは胸、ももの目立たないところに温度計刺して中の温度で判断。
2時間くらいで全部85℃越えてたのでこれすっごい有能。
早く焼けすぎてつけあわせが全く出来ていないという緊急事態発生www

image

じゃがいもはもう少し加熱したかったので、ルクルーゼのお世話になりました。りんごは飾り。焼きリンゴにしてアイスクリーム乗せて食べた。
グレービーソースや、クランベリーソースをかけないでもきちんと味がついているので、ソースなし。(私たちがあまり好きではないってのもある)

おいしいよ?
なぜターキーはこんなにもまずいイメージを植え付けられているのだ…不憫だ…。

だがしかし量が多い。明日の朝はターキー煮麵、昼はターキー×マッシュルーム×バジルでピザかな……。

おまけ

ターキー焼いていちばん大切な事はお腹いっぱいになってめんどくさくなる前にすぐ解体すること!と言われたので

image

すぐさま解体する。
エレクトリックナイフ(刃先が電動で動く)超便利!これ↓

image

私たちは一昨年15ドルで購入。もうこれ無しでターキー食べるとか無理。ありえない!

おゆうはん。

今日のお夕飯(タイ飯)使おうとバジルを買ってきた。

image

タイバジルとかあるんだー、味違うのかな。と思って両方。
※味の違いはわからなかった

image

バジル土付きなんだけど、なぜ??
植えろってこと?なんなの?
(ケース入りで売ってるバジルはすべて土付きだった)

ついでだから、日頃のお夕飯の写真を少し載せます。基本的に食堂飯。こじゃれた物を作る能力は欠落しています。

注:私は料理も写真も得意ではありません。

image

生姜焼き
豚の薄切りはバークレーボウルのお肉売り場でお兄さんに頼む式。買う時は一番大きいブロックを選んで頼んでいます。
キャベツの千切りはセーフウェイ(Safeway)一択。すばらしい。

image

鰯の梅煮
※これ鍋です。まだ盛り付けてない。
鰯はバークレーボウルで発見した冷凍いわし。(頭つき/対面お肉売り場の真後ろの冷凍ケースの右下の方にあります。) 梅干は青山の、国連大学のファーマーズマーケットで買ったものだけど、サンフランシスコ近郊のスーパーはわりとどこでも梅干し売ってる。

image

豚の角煮
日本に比べてお肉が安いので、たくさん作れる゜:。* ゜.
大根はトーキョーフィッシュマーケットのものの方が品質がよいのでそっちを。

image

ローストビーフ
肉の値段もそうだけど、ブロックが大きいのも魅力。赤身肉食べたかったのでローストビーフに。もう少し薄く切りたかったけどスキルがない。

image

盛り付けが雑なので載せようか迷ったけど、肉じゃが。

東京都内某所にある、いちげんさんお断り日本酒居酒屋さんの肉じゃがが好きでもう何十回も作ってるもの。このサイズのじゃがいもと、スナップエンドウはどこでも売ってるし、アメリカの方が安い。
そのレシピはスナップエンドウ入ってないけと、別で茹でて刻んで盛り付ける時に混ぜてます。

ちなみに

image

この本の表紙がホンモノのそれです(笑)

ぬかみそ。

image

ネコ寝すぎ。そしてデブい。

日本から大切に持ってきたものの一つに、糠床があります。通称:ヌカミソ子。

image

ヌカミソ子近影

2013年9月、「ごちそうさん」というNHK 朝の連ドラをやっていたのですが、糠味噌がばあちゃんになり喋るというドラマで(嘘)面白そうだったのと、時を同じくして、お米屋さん が糠を沢山くれたので糠味噌をはじめました。

私の生まれ育った家には糠味噌がありませんでした。人生初糠床。そのため「正しい糠床」を知りません。(匂い、質感等)
全てをGoogle先生に御指導頂きました。
紆余曲折ありましたが「冷蔵庫/適当/放置」という3つのキーワードが大切だという結論に達しました。なので特にコツとかなくて、

1.炒り糠と水(水道から直接はダメ)と塩(たっぷり)を用意する
2.水入れて練る。
3.昆布を真ん中くらいに入れて1週間くらい冷蔵庫で放置してかき混ぜて、そこら辺の野菜を漬ける→捨てる(繰り返し)で更に1週間くらい様子見る
これで糠床は出来るはず。(たぶん)

出来れば少しでいいので誰かから糠味噌わけてもらって、それを増床する式(↑の2で入れる。3無しでよくなる)がいいと思います。

水っぽくなったら糠を足す。
酸味強く(イチゴみたいなにおい)なったり、シンナー(セメダイン)臭がしてきたら漬けるのを止めて、塩と粉がらし足して混ぜてしばらく休ませる、を繰り返してたらなんとかなります。
たまに塩を入れるのを忘れずに。

上に白い膜(産膜酵母)が張ったらそれごと混ぜて休ませてください。上に張った黒い何か(たぶんカビ)はダメ。取り除きましょう。

昆布(しばらくしたら取り出さないとダメ)、唐辛子、山椒を入れておくと風味良くなります。

一番大事なのは冷蔵庫に入れておくことです!

※冷蔵庫で漬けると少し時間がかかります。好みにもよりますがきゅうりで2日位。
※糠床混ぜるのは3-4日に1度くらい。状態が悪い時はマメに様子みます。
漬けてるものを取り出した時は必ずよく押して中の空気を抜いています。

野田琺瑯最高です これ
糠床でぐぐると野田琺瑯使ってるっていうかたをよく見かけて、なんかちがうの?と思ってましたが、使ってみると琺瑯は容器自体が冷えているため糠床も安定するし、すっごくいいです。とてもおすすめ。

image

2013年11月のヌカミソ子。卵の殻が入っているのは過発酵による酸味を抑えるためだと思われる。取るのめんどいから二度とやんない。

ある時旦那が糠床に興味を示し、日本から少し持っていき旦那は旦那ですっごい上手に糠床を作成。

image

アメリカにも米ぬかって売ってるんですね。Rice Bran で検索したらいくつか出てきました。

でも、粒子がすっごく細かくて(画像のがたまたま細かいのかも知れませんが)粘土状になります。混ぜにくい!味は問題ないので大丈夫。

image

私は生糠も炒り糠も入れますが、炒り糠は小分けにして冷凍庫で保存してます。これは日本から持参しました。

うちはいつも常にきゅうりとミョウガを漬けていて、そのほかはあまり漬けませんが
定番の かぶ/ニンジン/ごぼう/なす/白菜 は美味しいのでたまにやります。

ネットで見かけて試したけどうーん…というものは
・ゆで卵 (味噌漬けの方が絶対美味い)
・チーズ(味噌漬けの方が絶対美味い)
・豆腐(味噌漬けの方が絶対美味い)
この3つを漬けるときは、容器別にする等の工夫が必要です(糠床に雑菌が増殖しやすいため)
手間の割に感動薄い。味噌漬けの方が(ry

ホームベーカリー大活躍

image

食パンがあんま売ってない(売ってないわけではないかもだけど)ので、ホームベーカリーを買った。
米Amazonで日本製品を買ったので米国verが届くかと思ったら思いっきり日本語のだった。

image

活躍しまくっている。説明書どおりに焼いただけでちゃんとできるので感動。
(粉は富澤商店の粉を日本で買ってきた)

image

きょうはおもちをつくった!

ちょっと変わったのを作りたいなとレシピみたら「薄力粉」の文字が…。
アメリカの小麦粉ってall purposeという表記しか無くて、強力/薄力 の区別がない(ぽい)

image

Google先生曰くこれが薄力粉らしいので、バークレーボウルの量り売りコーナで入手。

image

袋に入れて、タグに左下の番号(薄力粉だったら9061)を書いて着けてレジへ持っていく式。

おまけ

image

ついでだからパスタも買った。パスタ中途半端に余るので量り売りうれしい。
ただし折らないと袋に入れられません。なんかもったいない。